高畠勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高畠 勉 Football pictogram.svg
名前
愛称 ツトさん
カタカナ タカハタ ツトム
ラテン文字 TAKAHATA Tsutomu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1968年6月16日(46歳)[1]
出身地 大阪府高槻市[1]
身長 173cm[2]
体重 65kg[2]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1995 富士通サッカー部
監督歴
チーム
2008、2010 日本の旗 川崎フロンターレ
2014- 日本の旗 Jリーグ・アンダー22選抜
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高畠 勉(たかはた つとむ、1968年6月16日 - )は、大阪府高槻市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

北陽高校から大阪体育大学を経て、1991年に富士通に入社。当時日本サッカーリーグ2部に所属していた富士通サッカー部(現:川崎フロンターレ)で選手としてプレーし、1995年シーズンを以て引退した。

1996年よりチーム名を変更した富士通川崎フットボールクラブのコーチに就任。2000年より川崎の育成部コーチ、2001年よりトップチームのコーチを歴任した[1]。2007年にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得。

2008年4月、監督の関塚隆が健康不安を理由に辞任し、後任監督に就任した。急な監督就任であったため連携面の熟成には至らず、多分に外国人選手の個人技に頼ったサッカーではあったものの、長年3バックを用いてきた川崎に4バックを採用するなど、関塚前監督のサッカーを引き継ぎつつも独自の戦術で優勝争いを展開し、チームは最終的に2位まで躍進した。

2009年には体調が回復した関塚の監督復帰に伴い、一度はヘッドコーチ職に復帰。シーズン終了後、タイトルを逃した事を理由に契約更新を断って辞任した関塚に代わり、2010年シーズンから再度川崎の監督に就任した。しかし、シーズン途中に川島永嗣鄭大世レナチーニョらの主力が相次いで海外移籍した影響もあって苦戦。タイトルは獲得できず、リーグ戦順位も5位に終わってAFCチャンピオンズリーグ出場権を逃し、同年限りで退任した。

2011年より川崎のアカデミーテクニカルディレクターに就任[1]。2012年より川崎の育成・普及部長に就任[1]

2013年よりU-17日本代表コーチ兼U-18日本代表アシスタントコーチに就任[3]

2014年1月29日、川崎の育成・普及部長を退任して、Jリーグ・アンダー22選抜の監督に就任した[3][1]。なお、前年にJリーグ・アンダー22選抜の監督に内定していると報じられていた[4][5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1991-92 富士通 17 JSL2部 17 2 0 0
1992 旧J1 -
1993 -
1994 旧JFL -
1995 -
通算 日本 JSL2部 17 2 0 0
日本 旧JFL -
総通算

経歴[編集]

指導歴[編集]

  • 1996年 - 2013年 : 富士通川崎フットボールクラブ / 川崎フロンターレ
    • 1996年:コーチ
    • 1997年 - 1999年:コーチ
    • 2000年:育成部コーチ
    • 2001年 - 2008年:コーチ
    • 2008年:監督
    • 2009年:ヘッドコーチ
    • 2010年:監督
    • 2011年:アカデミーテクニカルディレクター[1]
    • 2012年 - 2013年:育成・普及部長
  • 2012年 第15回日本ブラジル友好カップ Jリーグ選抜監督
  • 2013年 U-17日本代表コーチ兼U-18日本代表アシスタントコーチ
  • 2014年 - :Jリーグ・アンダー22選抜監督

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2008 J1 川崎 2位 27 52 16 4 7 予選リーグ 5回戦
2010 5位 34 54 15 9 10 ベスト4 4回戦
  • 2008年は4月より指揮(順位は最終順位)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k “高畠勉育成・普及部長「JリーグU-22選抜監督」就任のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2014年1月29日), http://www.frontale.co.jp/info/2014/0129_4.html 2014年2月6日閲覧。 
  2. ^ a b 『1991-1992JSLイヤーブック』p74
  3. ^ a b “Jリーグ・アンダー22選抜 概要” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年1月29日), http://www.j3league.jp/pr/2014/pdf/20140129-3.pdf 2014年2月6日閲覧。 
  4. ^ “来季J3参戦、U22選抜監督は高畠氏に一本化!近く正式決定へ”. スポーツニッポン. (2013年10月26日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/10/26/kiji/K20131026006882910.html 2014年2月6日閲覧。 
  5. ^ “来季J3参戦U22選抜 高畠氏指揮へ”. 日刊スポーツ. (2013年10月31日). http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20131031-1211620.html 2014年2月6日閲覧。