高木俊幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高木 俊幸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タカギ トシユキ
ラテン文字 TAKAGI Toshiyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1991年5月25日(23歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 170cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム 清水エスパルス
ポジション MFFW
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2010
2011-
東京ヴェルディ1969
清水エスパルス
30 0(6)
89 (17)
代表歴
2009 日本の旗 日本U-18
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高木 俊幸(たかぎ としゆき、1991年5月25日 - )は神奈川県横浜市出身のサッカー選手。ポジションはMFFW。父は元プロ野球選手高木豊高木三兄弟の長男である。長弟は清水エスパルス所属の高木善朗。次弟は東京V所属の高木大輔。妻はタレントモデル女優金子織江

来歴[編集]

幼稚園年長で地元、あざみ野FCに入団。小学校入学時に野球転向のためあざみ野FCを退団、その後すぐに地元野球少年団を退団し、あざみ野FCに再入団。その後東京ヴェルディ1969のジュニアユースに加入し、順調に同チームのユースへ昇格。2009年には2種登録選手としてJ2デビューも果たした。

2010年から、プロ契約を果たして正式に東京Vトップチームへ昇格。1年目からレギュラーに定着し、2種登録された弟の善朗とともに東京Vの攻撃の要として活躍、6得点を挙げた。9月12日の第25節横浜FC戦では弟の善朗と初の兄弟アベックゴールを達成した。その後も、27節徳島戦、28節の北九州戦でもアベックゴールを達成し、このシーズンだけで3度アベックゴールを決めた。

シーズン終了後にJ1の清水エスパルスに完全移籍した。2011年シーズンは3トップの左ウィングとしてコンスタントに起用されている。7月27日にホームで行われたナビスコカップの1回戦甲府戦のセカンドレグで移籍後の公式戦初得点を挙げた[1]

2014年1月13日に高校時代の同級生でタレントモデル女優金子織江と入籍[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • あざみ野FC
  • 2004年 - 2006年 東京ヴェルディ1969ジュニアユース (あざみ野中学校)
  • 2007年 - 2009年 東京ヴェルディユース (日出学園高等学校)
    • 2009年 日本の旗 東京ヴェルディ (2種登録選手)
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2009 東京V 33 J2 5 0 - 0 0 5 0
2010 24 25 6 - 1 0 26 6
2011 清水 13 J1 29 2 4 1 4 1 37 4
2012 30 9 7 2 2 0 39 11
2013 30 6 4 0 3 2 37 8
2014 11
通算 日本 J1 89 17 15 3 9 3 113 23
日本 J2 30 6 - 1 0 31 6
総通算 119 23 15 3 10 3 144 29
  • 2009年はユース所属

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]