坂本將貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坂本 將貴 Football pictogram.svg
名前
愛称 隊長
カタカナ サカモト マサタカ
ラテン文字 SAKAMOTO Masataka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1978年2月24日(36歳)
出身地 埼玉県浦和市(現・さいたま市緑区
身長 171cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

坂本 將貴(さかもと まさたか、1978年2月24日 - )は埼玉県浦和市(現・さいたま市緑区)出身の元サッカー選手である。ポジションは主にMF日本体育大学体育学部体育学科卒業。

経歴[編集]

2000年にジェフ市原(当時)に入団。大学時代までは攻撃的なポジションの選手だったが、クラブでは守備力に注目されて、右サイドのレギュラーに定着。以後、チーム事情によって時折、ストッパーボランチとしてプレーする事もある。

2001年J1最優秀新人賞獲得。

2005年2006年オシム監督時代のナビスコカップ連覇に貢献、また2005年の最終節J1名古屋戦でゴール決め優勝に貢献。

2007年は、アルビレックス新潟に移籍し全試合フル出場したが、わずか1年で退団。2008年に古巣のジェフユナイテッド市原・千葉に移籍した。

2012年12月10日、同年限りでの現役引退がクラブ公式サイトより発表された。 J1リーグ275試合出場13得点、J2リーグ52試合出場を記録した。 坂本は「いつかジェフの監督になって、フクアリでその姿をサポーターの皆さまにお見せしたいとは思っています。」と語った。

人物・評価[編集]

  • 日体大時代のポジションは本人曰く「トップ下」。今の運動量と堅実さを武器にしたプレースタイルは当時を知る人にとっては信じられないだろうと語る。
  • 2002年2003年のリーグ戦は全試合フル出場、つまり、警告の累積による出場停止がなかった。しかし、2004年9月11日の東京ヴェルディ戦で痛恨のレッドカード。次節が出場停止となり、その年のリーグ戦出場試合数は「29」にとどまった(2004年までのリーグ戦は全30試合である)。
  • 2005年シーズンは、ジュビロ磐田に移籍した村井慎二(現在は大分トリニータに移籍)の穴を埋めるために左サイドでプレーすることに。坂本のいた右サイドには、若手の山岸智水野晃樹が入った。
  • オシム監督(当時)がいうには「(左右両足を使える)坂本以外に左サイドでプレーできる選手がいなかったから」ということだが、坂本自身はこのポジション変更により、さらに自分のプレーの幅をひろげた。
  • 利き足は右だが、左足からのキックも非常に精度が高い。その理由は本人曰く「右足を骨折していた時に左足のキック練習を相当やった」からだそうである。
  • 中西永輔の2番を継ぎ「ミスタージェフ」と云われた人望も厚く移籍先の新潟でもキャプテンを勤めた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

タイトル[編集]

  • J1リーグ優秀新人賞(2001年)

代表歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 市原/千葉 23 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 19 3 4 0 3 0 26 3
2002 30 1 7 0 4 0 41 1
2003 30 1 2 0 3 1 35 2
2004 2 29 1 4 0 1 0 34 1
2005 34 2 11 0 2 0 47 2
2006 34 1 11 3 1 0 46 4
2007 新潟 14 34 2 6 0 1 1 41 3
2008 千葉 2 32 1 8 0 0 0 41 1
2009 33 1 6 0 2 0 41 1
2010 J2 21 0 - 1 0 22 0
2011 22 0 - 2 0 24 0
2012 9 0 - 1 0 10 0
通算 日本 J1 275 13 59 3 17 2 351 18
日本 J2 52 0 - 4 0 56 0
総通算 327 13 59 3 21 2 407 18
  • 初出場 Jリーグ1stステージ第11節ガンバ大阪戦 2001年6月16日
  • 初得点 Jリーグ1stステージ第11節ガンバ大阪戦 2001年6月16日

その他の国際公式戦

指導歴[編集]

エピソード[編集]

  • 新潟へ移籍する前のジェフ千葉在籍時は選手会長を務めていて、若手を引っ張っていた。
  • サポーターには、その闘志あふれるプレーぶりから「隊長」と呼ばれ親しまれている。
  • 声がやや高く、元ジュビロ磐田の元祖「隊長」中山雅史に声質がちょっとだけ似ている。
  • 愛嬌があり、チームのムードメーカーとしても、なくてはならない存在である。
  • かつてジェフに在籍していた中西永輔とはプライベートでも仲がよく、坂本に釣りを教えたのは中西である。「ミスター・ジェフ」として長年サポーターに愛されてきた中西の背番号「2」は坂本に受け継がれていた。
  • 教育実習で母校の浦和東高へ行った際、受け持ったクラスに川島永嗣太田康介がいた。
  • 一度、喧嘩別れの形で退団した千葉への復帰は、クラブ側の説得と精神的支柱が必要と考えた巻誠一郎の「恋人のように」毎日電話や会いに来た事も大きな要因とされている。
  • 元祖「磐田」の隊長(ニックネーム)大先輩中山雅史が2012年12月4日、坂本「千葉」の隊長の引退表明日が2012年12月10日でどんな因果かわからないが同年同月となった。

関連項目[編集]