森川拓巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森川 拓巳 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モリカワ タクミ
ラテン文字 MORIKAWA Takumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年7月11日(37歳)
出身地 静岡県浜松市
身長 171cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森川 拓巳(もりかわ たくみ、1977年7月11日 - )は、静岡県浜松市出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはディフェンダー(DF)。

来歴[編集]

静岡学園高等学校時代からDFとしてサッカーを続け、同高校3年時に出場した1995年度の第74回全国高等学校サッカー選手権大会では、同学年の石井俊也や2学年下の南雄太とともに活躍し、準決勝では東福岡高等学校PK戦で勝利し、決勝では鹿児島実業と引き分けて両校優勝に輝いた[1]

1996年、高校卒業と同時にJリーグ柏レイソルに入団。同年にリーグ戦初出場を記録し、公式戦出場がなかった2年目の1997年にはシーズンオフにブラジルへの3ヵ月留学へ派遣されるなど、若手DFとしてクラブから期待され、翌1998年にはリーグ戦の半数以上に当たる20試合に出場するまでの成長を見せた。

1999年に入るとトップチームでの出場機会を得られなくなったが、同年からJリーグ2部(J2)に参加した川崎フロンターレ松本育夫新監督によるチーム体制の再整備を進める中で森川移籍の要請を柏へ出し、同年4月にレンタル移籍が実現した。森川は5月9日の第11節・モンテディオ山形戦で初出場し[2]、以後は同年のJ2リーグ戦全26試合にフル出場を果たした。中西哲生佐原秀樹などとともに「3バック」による守備の安定にストッパーとして貢献した上、8月23日の第23節・山形戦では後半終了間際にゴール前に走り込んでJリーグ初ゴールを決め、10月23日の第33節・コンサドーレ札幌戦では延長戦でVゴールを挙げるなどの攻撃面でも重要な場面での関わりを見せ、チームはJ2優勝とJ1昇格を果たした。

2000年は柏から川崎へのレンタル移籍が延長された。シーズン途中で2度の監督交代が起きるなどの混乱の影響は森川にも及び、リーグ戦では1stステージ終盤の5月から出場機会が与えられない状態になった。森川は11月になってようやくトップチームでの出場機会を得て、セレッソ大阪戦では森川にとって唯一のJ1リーグ戦でのゴールも記録したが(「個人成績」参照)、チームのJ2降格は食い止められなかった。シーズン終了後、柏からの返却要請もあって川崎を退団した。

2001年、2年前にわずか2時間の差で契約の機会を逸し、同年に川崎と入れ替わってJ1に昇格したコンサドーレ札幌から、岡田武史監督(元日本代表監督)の意向もあって柏へ再度の要請があり、森川は再びレンタル移籍した。札幌では森秀昭大森健作などの守備陣の控えに回る事も多かったが、札幌はJ1残留に成功した。2002年は柏に復帰し、4シーズンぶりに柏での公式戦出場も記録したが、同年限りで8年に及んだ柏との選手契約は終了した。

森川は翌2003年にJ1のベガルタ仙台へ移籍した[3]。森川の試合出場数は再び増加し、J2降格後の2004年からは森川が得意とする「4バック」のレギュラーとして起用されたが、2年連続で4位に終わりわずかの差でJ1復帰に失敗した仙台がチーム編成の大幅な変更を行った結果、2005年限りで仙台から戦力外通告を受けた。

2006年、森川は日本フットボールリーグ(JFL)のロッソ熊本に移籍し、柏在籍当時にコーチだった池谷友良監督[4]の下でJリーグ昇格を目指す戦いに加わった。2006年はレギュラーとして起用されたが、熊本は同年のJFLで5位に留まり、Jリーグ昇格に失敗した。2007年はケガなどで控えに回る事が多くなり、チームは2位になってJリーグ昇格を果たしたが、森川は同シーズン終了をもって現役を引退した。

2008年、森川はJリーグ昇格によって名称を「ロアッソ熊本」に改めたクラブと改めて契約し、強化担当スタッフに就任した[5]2010年シーズンには熊本のトップチームコーチに就任している[6]

所属クラブ[編集]

指導者経歴[編集]

  • 2008年-2009年 ロアッソ熊本強化担当スタッフ
  • 2010年 ロアッソ熊本:コーチ

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1996 - J 2 0 3 0 0 0 5 0
1997 12 0 0 0 0 - 0 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
1997 ジュベントス
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1998 27 J 20 0 4 0 0 0 24 0
1999 14 J1 0 0 0 0 - 0 0
川崎 29 J2 26 2 0 0 3 0 29 2
2000 J1 17 1 4 0 1 0 22 1
2001 札幌 4 15 0 2 0 1 0 18 0
2002 12 6 0 4 0 0 0 10 0
2003 仙台 19 13 0 5 0 0 0 18 0
2004 J2 33 0 - 1 0 34 0
2005 25 0 - 1 0 26 0
2006 熊本 26 JFL 26 0 - 3 1 29 1
2007 22 9 0 - 0 0 9 0
通算 日本 J1 73 1 22 0 2 0 97 1
日本 J2 84 2 0 0 5 0 89 2
日本 JFL 35 0 - 3 1 38 1
ブラジル
総通算
  • Jリーグ初出場:1996年8月28日 Jリーグ第16節 柏レイソル 1-0 ガンバ大阪日立柏
  • Jリーグ初得点:1999年8月23日 J2リーグ第23節 川崎フロンターレ 1-0 モンテディオ山形(等々力
(J1リーグ戦の初得点は2000年11月11日 J1リーグ2nd第12節 川崎フロンターレ 4-3 セレッソ大阪(等々力))

脚注[編集]

  1. ^ 同高校にとって同大会での初優勝で、全国高等学校サッカー選手権大会では最後の両校優勝ともなった(現在は決勝戦もPK戦で決着を付けるため)。同大会の2回戦で対戦した前橋商業2年の大野敏隆は、1997年から柏レイソルで森川の後輩となった。
  2. ^ 森川にとってJ2初出場でもあった。
  3. ^ 仙台には東福岡高校のエースストライカーとして高校サッカー選手権で対戦した、同学年の山下芳輝が在籍していた。森川と山下は1年間一緒に仙台でプレーした後、今度は山下が柏へ移籍した。
  4. ^ 池谷はチーム強化の権限を持つゼネラルマネージャー(GM)も兼任していた。
  5. ^ 2009年には高校の同期生だった石井俊也が熊本に入団し、1年間同じクラブで在籍した。
  6. ^ 同年に南雄太が熊本へ入団した。

参考文献[編集]

  • 『Jリーグ10年の軌跡 1993-2002』(ベースボール・マガジン社、2002)
  • 『川崎フロンターレオフィシャル クラブ創設10周年メモリアルブック』(川崎フロンターレ、2006)
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2010』(社団法人日本プロサッカーリーグ、2010)