JBCスプリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JBCスプリント
開催地 日本の旗盛岡競馬場(2014年)
格付け JpnI
1着賞金 6000万円[1]
賞金総額 1億200万円
距離 ダート1200m(2014年)
出走条件 サラブレッド系3歳以上(指定交流)
出走資格も参照
負担重量 定量(3歳56kg(10月開催の場合は55kg)、
4歳以上57kg、牝馬2kg減)
第1回施行日 2001年10月31日
テンプレートを表示

JBCスプリント(ジェイビーシースプリント)とは日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄下する地方競馬団体とで、各地方競馬の競馬場で持ち回り開催される「ジャパンブリーディングファームズカップ(JBC)」で施行される地方競馬重賞統一JpnI競走である。農林水産大臣が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 JBCスプリント」と表記される。

正賞は農林水産大臣賞、JBC協会賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。

概要[編集]

2001年から始まったジャパンブリーディングファームズカップの準メイン競走として春のかしわ記念(統一JpnI・ダート1600m)、秋のマイルチャンピオンシップ南部杯(統一JpnI・ダート1600m)と並ぶ地方競馬の短距離路線の最高峰の競走として創設された。JBCクラシックJBCレディスクラシックとともに開催地を固定せず、各地の競馬場が持ち回りで実施する方式が採用されている。なお2006年川崎競馬場で施行されたがダート1200mが設定できずダート1600mで施行、名称も「JBCマイル」に変更された[2]2012年も川崎競馬場で施行されたが設定距離はダート1400mであった[3]

距離はダート1200mが基本であるが、競馬場のコース事情[4]により前後する。

出走条件トライアルレースの優勝馬及び、選定選抜されたサラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬及び地方所属馬で、出走枠は競馬場のコース事情により異なる。

負担重量は定量で3歳56kg(10月施行の場合は3歳55kg)、4歳以上57kg、牝馬2kg減。2001年と2007年は10月31日に施行されたため、後者の規定で行われた。

Road to JBC(トライアル競走シリーズ)[編集]

このシリーズはJBCスプリントの出走権をかけて争うシリーズで、大きくトライアル指定競走と選抜指定競走の2つで構成されている。

トライアル指定競走[編集]

次に示す2競走の優勝馬については中央競馬・地方競馬問わずに優先出走権が与えられる。

競走 格付け 競馬場 距離
東京盃 統一JpnII 日本の旗大井競馬場 ダート1200m
マイルチャンピオンシップ南部杯 統一JpnI 日本の旗盛岡競馬場 ダート1600m

JBC指定競走[編集]

次に示す各競走は、優勝馬がJBCの出走馬を決める選定の対象馬としてノミネートされる。2013年は以下の4競走(前年から1減)が指定されている。

競走 競馬場 距離 備考
アフター5スター賞 日本の旗大井競馬場 ダート1200m
青藍賞 日本の旗水沢競馬場 ダート1600m JBCクラシックの指定競走兼
道営スプリント 日本の旗門別競馬場 ダート1200m
姫山菊花賞 日本の旗園田競馬場 ダート1700m JBCクラシックの指定競走兼

賞金[編集]

回数 総額賞金
(万円)
1着賞金
(万円)
2着賞金
(万円)
3着賞金
(万円)
4着賞金
(万円)
5着賞金
(万円)
第1回(2001年) 1億3,600 8,000 2,800 1,600 800 400
第2回(2002年)
第3回(2003年)
第4回(2004年)
第5回(2005年)
第6回(2006年)
第7回(2007年)
第8回(2008年)
第9回(2009年) 1億2,000 2,080 1,120 480 320
第10回(2010年) 1億3,600 2,800 1,600 800 400
第11回(2011年) 1億200 6,000 2,100 1,200 600 300
第12回(2012年)
第13回(2013年) 9,000 1,380 720 540 360
第14回(2014年)

歴史[編集]

  • 2001年 - サラ系3歳以上・指定交流・定量の重賞競走「JBCスプリント」を創設。第1回は大井競馬場・ダート1200mで施行。
  • 2005年 - 馬主・関口房朗が代表を務める株式会社FDOが協賛(2006年まで)。この年のみ競走馬関連情報サイト「フサイチネット」を冠にした「フサイチネット協賛 農林水産大臣賞典 JBCスプリント」として施行。
  • 2006年
  • 2007年
    • 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告に伴う重賞の格付け表記の変更により、統一グレード表記をJpnIに変更。
    • 大井のフジノウェーブが地方馬として初の制覇。
  • 2011年 - スーニが2頭目となる同競走2勝目。また、1980年9月18日にカオルダケが記録したコースレコード(1:10.2、大井競馬場・ダート1200m)を31年ぶりに更新。
  • 2012年 - タイセイレジェンドが1:26.6で勝ち、川崎1400mのレコードを更新。

歴代優勝馬[編集]

施行日 競馬場 施行距離 優勝馬 性齢 所属 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
1 2001年10月31日 大井 ダート
1200m
ノボジャック 牡4 JRA 1:11.1 蛯名正義 森秀行 (有)池ばた
2 2002年11月4日 盛岡 ダート
1200m
スターリングローズ 牡5 JRA 1:11.4 福永祐一 北橋修二 (株)協栄
3 2003年11月3日 大井 ダート
1190m
[5]
サウスヴィグラス 牡7 JRA 1:09.7 柴田善臣 高橋祥泰 南波壽
4 2004年11月3日 大井 ダート
1200m
マイネルセレクト 牡5 JRA 1:10.6 武豊 中村均 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
5 2005年11月3日 名古屋 ダート
1400m
ブルーコンコルド 牡5 JRA 1:25.3 幸英明 服部利之 (株)荻伏レーシング・クラブ
6 2006年11月2日 川崎 ダート
1600m
[6][2]
ブルーコンコルド 牡6 JRA 1:39.6 幸英明 服部利之 (株)荻伏レーシング・クラブ
7 2007年10月31日 大井 ダート
1200m
フジノウェーブ 牡5 大井 1:11.0 御神本訓史 高橋三郎 大志総合企画(株)
8 2008年11月3日 園田 ダート
1400m
バンブーエール 牡5 JRA 1:25.6 松岡正海 安達昭夫 (有)バンブー牧場
9 2009年11月3日 名古屋 ダート
1400m
スーニ 牡3 JRA 1:25.9 川田将雅 吉田直弘 吉田和美
10 2010年11月3日 船橋 ダート
1000m
サマーウインド 牡5 JRA 0:57.6 藤岡佑介 庄野靖志 ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン
11 2011年11月3日 大井 ダート
1200m
スーニ 牡5 JRA 1:10.1 川田将雅 吉田直弘 吉田和美
12 2012年11月5日 川崎 ダート
1400m
タイセイレジェンド 牡5 JRA 1:26.6 内田博幸 矢作芳人 田中成奉
13 2013年11月4日 金沢 ダート
1400m
エスポワールシチー 牡8 JRA 1.27.1 後藤浩輝 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
14 2014年11月3日 盛岡 ダート
1200m
15 2015年11月3日 大井 ダート
1200m

脚注[編集]

  1. ^ 南関東4競馬「平成24年度 開催日程及び重賞競走日程について」(2011年11月21日)。2010年までは1着賞金8000万円、賞金総額1億3600万円
  2. ^ a b 括弧書きで(第6回JBCスプリント)と記載されている。
  3. ^ 出走頭数もJBCクラシック・JBCレディスクラシックとは異なり12頭となる
  4. ^ 地方競馬が開催される日本の競馬場でダート1200mの競走が施行できるのは門別競馬場盛岡競馬場船橋競馬場大井競馬場の4か所のみ。船橋競馬場はダート1200mの最大出走頭数が12頭になるため、2010年は最大14頭が出走可能なダート1000mで行われた。このレースは日本の競馬では初めて1000mの距離で行われたJpnI(GI)となった。
  5. ^ スタンド改築工事のためゴール板を10m第4コーナー寄りにずらしたため。
  6. ^ 「JBCマイル(JBCスプリント)」としての開催。

外部リンク[編集]