かしわ記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かしわ記念
The 22ndt Kashiwa Kinen 20100505.jpg
第22回かしわ記念
開催国 日本の旗 日本
主催者 千葉県競馬組合
競馬場 船橋競馬場
第1回施行日 1989年5月17日
創設 1989年
2015年の情報
距離 ダート1600m
格付け JpnI[1]
賞金 1着賞金6000万円[1]
出走条件 サラブレッド系4歳以上(指定交流)
出走資格も参照
負担重量 定量(57kg牝馬2kg減、南半球産4歳1kg減)[1]
テンプレートを表示
第18回かしわ記念(2006年5月5日)アジュディミツオー優勝
第18回かしわ記念(2006年5月5日)
アジュディミツオー優勝
第19回かしわ記念(2007年5月2日)ブルーコンコルド優勝
第19回かしわ記念(2007年5月2日)
ブルーコンコルド優勝
第20回かしわ記念(2008年5月5日)ボンネビルレコード優勝
第20回かしわ記念(2008年5月5日)
ボンネビルレコード優勝
第21回かしわ記念(2009年5月5日)エスポワールシチー優勝
第21回かしわ記念(2009年5月5日)
エスポワールシチー優勝

かしわ記念(かしわきねん)は、千葉県競馬組合船橋競馬場で施行する地方競馬重賞競走JpnI)である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 かしわ記念(のうりんすいさんだいじんしょうてん かしわきねん)」と表記される。

競走名の「かしわ」は船橋競馬場の前身で、千葉県柏市に1952年まで所在していた柏競馬場を表している[2]

農林水産大臣賞、千葉県知事賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会会長奨励賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、株式会社よみうりランド賞[1]

概要[編集]

第1回千葉県営競馬が柏競馬場で行われたことを記念し、1989年に創設[3]。本競走で2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬には、帝王賞の優先出走権が付与される[1]。中央地方交流競走となった当時は、春から夏にかけて短距離適性馬が出走できるダートの大レースがなかったため、ダートグレード競走となってからは中央競馬・地方競馬の一流馬による高レベルの争いが繰り広げられるようになり[3]、ダートグレード競走となった当時の格付けはGIII[注 1]であったものが、2002年にはGII[注 1]に、2005年にはGI[注 1]に格上げされるに至った[2]

競走条件[編集]

以下の内容は、2015年現在[1]のもの。

出走資格:サラ系4歳以上

  • 地方競馬所属馬(南関東地区所属馬・他地区地方競馬所属馬を合わせて9頭)
  • JRA所属馬(5頭)

負担重量:定量(57kg、牝馬2kg減、南半球産4歳1kg減)

以下の優先出走権をもつ地方競馬所属馬は優先して選定され、その他の地方競馬所属馬は「かしわ記念出走馬選定委員会」により選定される[1]

優先出走権[編集]

下表の競走で所定の成績を収めた地方競馬所属馬には、本競走の優先出走権が付与される[1]

競走 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
報知グランプリカップ SIII 船橋競馬場 ダート1800m 2着以内
柏の葉オープン オープン 船橋競馬場 ダート1600m 1着馬
東京スプリント JpnIII 大井競馬場 ダート1200m 2着以内

賞金[編集]

2015年の1着賞金は6000万円で、以下2着2100万円、3着1200万円、4着600万円、5着300万円[1]

歴史[編集]

  • 1989年 - 南関東所属馬による重賞として創設。
  • 1995年 - 南関東地区のグレード制施行により、G2に格付け。
  • 1996年
    • 中央・地方全国指定交流競走に指定。
    • 負担重量を別定に変更。
  • 1997年 - ダート競走格付け委員会により、ダートグレード競走(統一GIII[注 1])に格付け。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「3歳以上」に変更。
  • 2002年
    • 南関東グレードをG1に格上げ。
    • GII(統一GII)[注 1]に格上げ。
  • 2003年
    • 出走条件を「4歳以上」に変更。
    • 負担重量を定量に変更。
  • 2005年 - GI(統一GI)[注 1]に格上げ。
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIに変更。
  • 2011年 - 「震災復興支援競走」の副称をつけて施行。

歴代優勝馬[編集]

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1989年5月17日 船橋 1800m イシノラツキー 牝4 船橋 1:52.5 桑島孝春 泉孝 亀井都
第2回 1990年5月5日 船橋 1800m フジノダンサー 牝4 船橋 1:54.8 石崎隆之 須永和良 臼井勇
第3回 1991年4月23日 船橋 1800m パワーデイクター 牡4 船橋 1:54.7 田部和廣 金澤豊 潤間力夫
第4回 1992年4月23日 船橋 1800m スーパージョーク 牡6 船橋 1:55.7 石崎隆之 須永和良 若林一郎
第5回 1993年5月27日 船橋 1800m トキノクンショウ 牡4 大井 1:53.4 鈴木啓之 小筆昌 渡辺典六
第6回 1994年5月4日 船橋 1800m ヤマジュンオー 牡5 大井 1:53.7 的場文男 栗田繁 山下洵一郎
第7回 1995年4月20日 船橋 1800m ヤマノセイコー 牡5 船橋 1:53.0 田部和廣 鈴木茂樹 山口明彦
第8回 1996年5月29日 船橋 1600m ヒカリルーファス 牡4 大井 1:39.4 早田秀治 高岩隆 野口光雄
第9回 1997年5月28日 船橋 1600m バトルライン 牡4 JRA 1:37.9 武豊 松田博資 (有)社台レースホース
第10回 1998年5月27日 船橋 1600m アブクマポーロ 牡6 船橋 1:35.4 石崎隆之 出川克己 鑓水秋則
第11回 1999年5月26日 船橋 1600m サプライズパワー 牡5 船橋 1:39.5 石崎隆之 川島正行 大迫忍
第12回 2000年5月24日 船橋 1600m ビーマイナカヤマ 牡6 JRA 1:40.8 鹿戸雄一 高市圭二 (有)中山牧場
第13回 2001年5月30日 船橋 1600m タマモストロング 牡6 JRA 1:38.1 小池隆生 佐藤正雄 タマモ(株)
第14回 2002年5月8日 船橋 1600m トーシンブリザード 牡4 船橋 1:36.5 石崎隆之 佐藤賢二 和泉栄一
第15回 2003年6月4日 船橋 1600m スターリングローズ 牡6 JRA 1:38.2 福永祐一 北橋修二 (株)協栄
第16回 2004年5月26日 船橋 1600m ナイキアディライト 牡4 船橋 1:39.7 石崎隆之 出川龍一 小野スミ
第17回 2005年5月5日 船橋 1600m ストロングブラッド 牡6 JRA 1:37.9 内田博幸 増澤末夫 村木篤
第18回 2006年5月5日 船橋 1600m アジュディミツオー 牡5 船橋 1:38.6 内田博幸 川島正行 織戸眞男
第19回 2007年5月2日 船橋 1600m ブルーコンコルド 牡7 JRA 1:37.4 幸英明 服部利之 (株)荻伏レーシング・クラブ
第20回 2008年5月5日 船橋 1600m ボンネビルレコード 牡6 JRA 1:37.6 的場文男 堀井雅広 塩田清
第21回 2009年5月5日 船橋 1600m エスポワールシチー 牡4 JRA 1:35.9 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第22回 2010年5月5日 船橋 1600m エスポワールシチー 牡5 JRA 1:36.8 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第23回 2011年5月5日 船橋 1600m フリオーソ 牡7 船橋 1:38.2 戸崎圭太 川島正行 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
第24回 2012年5月2日 船橋 1600m エスポワールシチー 牡7 JRA 1:36.5 佐藤哲三 安達昭夫 (株)友駿ホースクラブ
第25回 2013年5月6日 船橋 1600m ホッコータルマエ 牡4 JRA 1:37.8 幸英明 西浦勝一 矢部幸一
第26回 2014年5月5日 船橋 1600m コパノリッキー 牡4 JRA 1:39.2 田邊裕信 村山明 小林祥晃
第27回 2015年5月5日 船橋 1600m ワンダーアキュート 牡9 JRA 1:37.4 和田竜二 佐藤正雄 山本信行

同名の競走[編集]

同名の準重賞競走が1978年から行われている。千葉県競馬組合ではこれらの競走を前身とは言及していないが、地方競馬全国協会ではこれを本競走の始まりとする考え方も示されている[2]

優勝馬[編集]

施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
1978年9月14日 船橋 1800m ヤクモチヤーター 牡5 小倉正範
1979年9月2日 船橋 1800m ベエンチヤコトブキ 牡3
1980年10月27日 船橋 1800m チバオーカン 牡4 船橋 玉井吉翠
1981年10月22日 船橋 1800m ハローフオンテン 牡5
1982年10月28日 船橋 1800m サチノフレンド 牡5
1983年10月27日 船橋 1800m ハワイダンサー 牡4 髙野哲
1984年10月17日 船橋 1800m エリモダンサー 牡4 山本慎一
1985年10月22日 船橋 1800m ボールドブリシー 牡5 船橋 北川亮 片田靜惠
1986年9月8日 船橋 1800m アイランドハンター 牡3 船橋 1:51.9 木村騎一 安藤榮作 嶋村二三男
1987年9月9日 船橋 1800m キサラズボーイ 牡5 船橋 1:53.4 佐藤隆 吉田馨 宮崎實
1988年9月23日 船橋 1800m エリモテン 牡4 船橋 1:54.0 佐藤隆 三間典夫 杉山達雄

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f 当時の格付表記は、日本国内の独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 平成27年度 第2回 船橋競馬競走番組表(概定) (PDF)”. 船橋競馬 千葉県調教師会公式サイト. 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c 『かしわ記念』をGIに格上げ”. 地方競馬全国協会 (2005年1月11日). 2015年4月26日閲覧。
  3. ^ a b ダートグレード競走特集(第27回かしわ記念) - 千葉県競馬組合、2015年4月26日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

ほかにダート1600mで行われるGI・JpnI競走[編集]