川崎医科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川崎医科大学
川崎医科大学(倉敷市)
川崎医科大学(倉敷市)
大学設置/創立 1970年
学校種別 私立
設置者 学校法人川崎学園
本部所在地 岡山県倉敷市松島577
学部 医学部
研究科 医学研究科
ウェブサイト 川崎医科大学公式サイト
テンプレートを表示

川崎医科大学(かわさきいかだいがく、英語: Kawasaki medical school)は、岡山県倉敷市松島577に本部を置く日本私立大学である。1970年に設置された。大学の略称は川崎医大、川大、川崎。

概説[編集]

岡山市内にある川崎病院を母体として1970年に設置され(大学設立後、病院は「川崎医科大学附属川崎病院」となる)、民間病院を母体とした医科大学としては聖マリアンナ医科大学と川崎医大のみとなっている。戦後の私立新設医科大学としては杏林大学北里大学と並び早期に開校し、中国・四国地方で唯一の私立医学部である。設置者は学校法人川崎学園。校名の「川崎」は創立者の川崎祐宣に由来し、地名の川崎ではない。

創立当初は岡山大学医学部出身の教授が多かったが、最近は特定の学閥にとらわれずに、全国各地の大学卒業生の中から実力のある人材を求める傾向にあり、岡山大学出身の教授は基礎系講座を含めても全体の5分の1程度にすぎない。6年間の学費は4500万円程度。

全国の医科大学で唯一、附属の高等学校(川崎医科大学附属高等学校)を有しており、医学部入学以前から医学教育を行っており、卒業生の約9割は川崎医科大学へ進学する。医療人としてふさわしい人間性・知性を早いうちから涵養するために、川崎祐宣によって大学とほぼ同時に創立されたものである。 近年では、地元の医師確保のため、中国・四国地方で医療活動を行うことを出願条件とした推薦入試を行っている。

手塚治虫の漫画作品『ブラック・ジャック』の主人公であるブラック・ジャックの卒業大学「ポン骨大学」のモデルとなった大学とされる。このことについて、手塚はのちに「名前をポン骨としてしまった為どこがモデルか言いづらくなった。ちなみに川崎医科はいい大学だ。」と語っている。

建学の理念[編集]

  1. 人間をつくる
  2. 体をつくる
  3. 医学をきわめる

沿革[編集]

川崎医科大学附属川崎病院(岡山市)

学部・研究科[編集]

関連施設[編集]

系列校

大学関係者[編集]

大学関係者一覧[編集]

交通アクセス[編集]

ドクターヘリ

鉄道

バス

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


座標: 北緯34度37分55.3秒 東経133度48分40.9秒