神戸メリケンパークオリエンタルホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸メリケンパークオリエンタルホテル
Kobe Meriken Park Oriental Hotel
Kobe Meriken Park Oriental Hotel 20120825-002.jpg
ホテル概要
デベロッパー ダイエー
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店、イチケン
運営 ホテルマネージメントジャパン、アビリタスホスピタリティ
所有者 ジャパン・ホテル・リート投資法人
階数 地下1 - 14階
レストラン数 6軒
部屋数 319室
敷地面積 21,999.15m²
建築面積 10,754.27m²
延べ床面積 53,411.87m²
駐車場 335台
開業 1995年7月15日
所在地 〒650-0042
兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

神戸メリケンパークオリエンタルホテル(こうべメリケンパークオリエンタルホテル、Kobe Meriken Park Oriental Hotel)は、兵庫県神戸市中央区神戸港中突堤にあるホテル。最上階南側のバルコニー部分には、灯台が設置されている。

概要[編集]

1995年7月15日に開業。中突堤の先端に位置する。ホテルの2階は客船ターミナルになっている。最上階には、日本のホテルで唯一海上保安庁認可の公式の灯台が設置されている。

開業時には、同年の阪神・淡路大震災で倒壊したオリエンタルホテルの従業員が多く移っていた。

2003年に、ダイエー傘下からゴールドマン・サックス証券の所有となった。

中突堤先端(右)に位置する

外観[編集]

竹中工務店による設計。を象った外観は特徴的で、外壁を彩るブルーグリーンイルミネーションに輝く姿は、神戸港の夜景を彩る一つとして有名。中突堤の先端からに突き出している。

建築概要[編集]

  • 敷地面積 - 21,999.15
  • 建築面積 - 10,754.27 m²
  • 延床面積 - 53,441.87 m²
  • 規模 - 地下1階、地上14階、塔屋1階(灯台設置)
  • 構造 - S造
  • 備考 - 第38回 BCS賞受賞(1997年)

主な施設[編集]

  • 結婚式場
  • レストラン各種
    • ラウンジ&ダイニング ピア(3F)
    • テラスレストラン サンタモニカの風 (3F)
    • 中国料理 桃花春 (14F) (2011年2月リニューアルオープン)
    • ステーキハウス オリエンタル (14F)
    • 日本料理 石庭 (14F)
    • スカイラウンジ 港's (14F)
  • バンケットホール
  • リラクゼーションプール
  • 客室

神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台[編集]

神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台
神戸メリケンパークオリエンタルホテルの位置(日本内)
神戸メリケンパークオリエンタルホテル
位置 北緯34度40分35秒
東経135度11分29秒
座標: 北緯34度40分35秒 東経135度11分29秒
所在地 兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
塗色・構造 塔形、鉄造[1]
灯質 毎10秒に赤1閃光、緑1閃光[1]
光達距離 12.5海里[1]
塔高 4.8[1] m (地上 - 塔頂)
灯火標高 55 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1964年昭和39年)8月26日[1](旧灯台)
1995年平成7年)7月7日(現灯台)[2]
管轄 関西汽船

ホテルの屋上には、海上保安庁が許可した航路標識である神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台が所在しており[1]、ホテル内に存在する灯台としては日本唯一である[2]。もともとは京町にあったオリエンタルホテルの屋上へ1964年昭和39年)に設置された神戸オリエンタルホテル屋上灯台であったが[1]、建物の増加による見通しの低下や[1]阪神・淡路大震災によってホテル自体が閉鎖された結果、現在地へと再設置された[2]。灯台の塔の形は、和田岬灯台を模したものとなっている[1]

アクセス[編集]

周辺情報[編集]

エピソード[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 簡易標識・許可標識について 神戸海上保安部、2013年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c ホテル物語 - 灯台のあるホテル 神戸メリケンパークオリエンタルホテル、2013年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度40分48秒 東経135度11分19秒 / 北緯34.68000度 東経135.18861度 / 34.68000; 135.18861