ポスト・モダンダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポスト・モダンダンスは、20世紀のコンサートダンスconcert dance)形式の一つ。モダンダンスmodern dance)の作品性や表現の制約に対する反動として、ポスト・モダンダンスは、日常的な運動の使用を有効なパーフォーマンスアートとして認め、ダンス創作の斬新な方法論を主唱した。

どんな動作でもダンスであり、どんな人でも(トレーニングの有無にかかわらず)ダンサーであると主張する初期のポスト・モダンダンスは、ポストモダニズムの建築や文学的なムーヴメントよりも、むしろモダニズムのイデオロギーに親密であった。しかし、ポスト・モダンダンスのムーヴメントは急速に発展し、ポストモダニズムのイデオロギーを取り入れていく。このことは、ジャドソンダンス劇場(ポスト・モダンダンスの本拠地)から出現した多種多様なダンス作品に反映されている。

1960年代から1970年代まで長続きしたものの、ポスト・モダンダンスが大きく世に出たのは比較的短い期間であった、しかし、その遺産はコンテンポラリー・ダンス(モダニズムとポストモダニズムの混合)の中に生き続けている。そして、様々なスタイルの広範囲にわたるダンス作品を生み出すことになった、ポストモダニストたちの振付「加工法(process)」が打ち立てられたこと自体の中にも。

sketch showing lineage of 20th century concert dance © Ohka-
Note: this sketch is provided for illustrative purposes only

ポスト・モダンダンスの影響[編集]

ポスト・モダンダンスは以下の事柄を先導した

参照: 20th century concert dance

ポストモダンの振付「加工法」[編集]

ポスト・モダンダンスの創設者[編集]

参照[編集]

(以上、英語版「postmodern dance」より翻訳・改変)