ロラン・バルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロラン・バルト
Roland Barthes
生誕 1915年11月12日
フランスの旗 フランス共和国シェルブール=オクトヴィル
死没 1980年3月26日(満64歳没)
フランスの旗 フランスパリ
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学
構造主義
ポスト構造主義
記号学
研究分野 記号学
文学理論
形而上学認識論
倫理学
主な概念 Death of the author
Writing degree zero
署名
テンプレートを表示

ロラン・バルトRoland Barthes, 1915年11月12日 - 1980年3月26日)は、フランス哲学者批評家高等研究実習院(École pratique des hautes études)教授コレージュ・ド・フランス教授

思想・作風[編集]

シェルブールに生まれ、バイヨンヌに育つ。ソシュールサルトルの影響を受け、エクリチュールについて独自の思想的立場を築いた。 歴史家にとどまらないミシュレの活動に着目した『ミシュレ』、「作者の死」の一編を収めた『物語の構造分析』、フランスのさまざまな文化・慣習を分析した『神話作用』、衣服などの流行を論じた『モードの体系』、バルザックの中編を過剰に詳細に分析した『S/Z』、自伝の形をとりながら自伝ではない『彼自身によるロラン・バルト』、写真に対して抱く、感動に満ちた関心の中で道徳的、政治的な教養(文化)という合理的な仲介物を仲立ちとしている、いわば教養文化を通して感じられる「ストゥディウム(studium)」、そのストディウムをかき乱し、印象に残る細部として表象される「プンクトゥム(punctum)」という二つの概念で論じた遺作『明るい部屋』など、その活動は幅広いが、一貫しているのは、文学への愛(『エクリチュールの零度』、『物語の構造分析』など)と文学作品や映画、演劇、写真などによる作者の主体として発信されるメッセージに対して、そのメッセージの受信者である享受者のメッセージの受け取り方の解釈の可能性についての考察(『明るい部屋』、『神話作用』)である。

作者の死[編集]

バルトの仕事の中でも頻繁に議論されるのが、『物語の構造分析』に収録されている「作者の死」である。本稿でバルトは、現代においても、大きな支配的な概念となっている「作者」という概念に疑問を投げかける。私たちは、ふつうある芸術作品を鑑賞する時、その作品の説明をその作品を生み出した作者に求めがちである。これは、つまり作品を鑑賞するということは、作者の意図を正確に理解することであるという発想である。このことから、例えばボードレールの作品はボードレールという人間の挫折のことであり、ヴァン・ゴッホの作品とは彼の狂気であるという発想が導き出せる。この発想をバルトは、打ち明け話であるとして批判する。このように作者=神という発想ではなく、作品とは様々なものが引用された織物のような物であり、それを解くのは読者であるとして、芸術作品に対してこれまで受動的なイメージしかなかった受信者の側の創造的な側面を本稿で強調した。この概念は、後年のバルトの作品でもよく言及されており、例えば『テクストの快楽』においても、この概念についての論考が見られる(『テクストの快楽』p120)

生涯[編集]

幼くして父を亡くし、女手一つで育てられたバルトは非常に母親思いであったという。 パリ大学で古典ギリシア文学を学んだあと、結核のために長期間に渡り療養所で暮す。 療養期間を終えたあとは各地でフランス語講師として働きながら思索をめぐらす。 1953年に『Le Degré zéro de l'écriture』を発表、文学と社会の関係を鋭く分析したこの作品で一躍時代の寵児になる。 1962年から高等研究実習院指導教授。1977年にコレージュ・ド・フランス教授に就任した。 1980年2月25日に交通事故にあい、1か月後の3月26日に亡くなった。

バルトは構造主義者だと見なされる向きを嫌い、常に変容していった思想家だった。また、バルトは生涯小説を発表することはなかったが、コレージュ・ドフランス講義における、『小説の準備』や『エクリチュールの零度』における書くことである、エクリチュールの論考が示すように、小説を書くことへの希求は常にあったと考えられる。 1970年には日本について独自の分析をした『表徴の帝国』(『記号の国』)も発表している。

1979年の映画ブロンテ姉妹』に、19世紀の高名な作家ウィリアム・メイクピース・サッカレー役で出演している。ただし、台詞はほとんどない。

主要著作[編集]

原題不詳の訳書
  • 小さな神話 下沢和義訳 青土社 1996
  • 小さな歴史 下沢和義訳 青土社 1996
  • ロラン・バルト映画論集 諸田和治編訳 ちくま学芸文庫 1998
  • ラシーヌ渡辺守章訳 みすず書房 2006
  • 喪の日記 石川美子訳 みすず書房 2010
  • 中国旅行ノート 桑田光平訳 ちくま学芸文庫 2011.3

ロラン・バルト著作集(みすず書房)[編集]

  • Oeuvres complètes de Roland Barthes 2002年
    1. 文学のユートピア 1942 - 1954 渡辺諒訳 2004年
    2. 演劇のエクリチュール 1955 - 1957 大野多加志訳 2005年
    3. 現代社会の神話 1957 下澤和義訳 2005年
    4. 記号学への夢 1958 - 1964 塚本昌則
    5. 批評をめぐる試み 1964 吉村和明訳
    6. テクスト理論の愉しみ 1965 - 1970 野村正人訳
    7. 記号の国 1970 石川美子訳 2005年
    8. 断章としての身体 1971 - 1974
    9. ロマネスクの誘惑 1975 - 1977 中地義和
    10. 新たな生のほうへ 1978 - 1980 石川美子訳 2003年

ロラン・バルト講義集成(筑摩書房)[編集]

  1. いかにしてともに生きるか コレージュ・ド・フランス講義1976-1977年度 野崎歓訳 2006
  2. 〈中性〉について コレージュ・ド・フランス講義1977-1978年度 塚本昌則訳 2006
  3. 小説の準備 コレージュ・ド・フランス講義1978-1979年度と1979-1980年度 石井洋二郎訳 2006

ロラン・バルト研究(日本語文献)[編集]

関連項目[編集]

  • 中村江里子 - 元フジテレビ・アナウンサー。ロラン・バルトの縁戚と結婚
  • モーリス・パンゲ - バルトの親友。日仏学院の院長を務めていたパンゲの招きで来日したバルトは『表徴の帝国』の着想を得ることになる

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ロラン・バルト」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。