環境コンサルタント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

環境コンサルタント(かんきょうコンサルタント、: environmental consultant)とは、官公庁並びに民間企業、団体等をクライアントとして、環境保全に関する企画立案、制度設計、調査、解析(一部にシミュレーション等を含む)などのコンサルティング業務を行う企業、または個人を指す一般的な通称である。

主な業種概要[編集]

環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき自治体の環境政策、企業の環境に関連するコンサルティング、市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対するコンサルティングを実施する。そのほか、大気・水質・地質・騒音・植物・動物の生態系などの幅広い環境調査を行い、その調査結果から開発の影響を予測・評価し、それらを把握する環境会計や環境報告書の作成、環境保全のためのコスト算出などを行うが、場合によっては、事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための対策を立案し提案も行う。

建設系[編集]

国土交通省が規定している建設コンサルタントから派生した企業。これは自治体などが環境基本計画策定を外部専門機関に依頼し、そうした機関等は自然との共生を目指すまちづくりを専門とすることが多いためや、日本国内においては、大規模な建設工事や道路工事などの開発事業を行うには、「環境アセスメント」と呼ばれる環境への影響を調査・予測・評価を行うことが義務付けられており、それらを実施するのが、通常開発事業をも担う建設コンサルタントであるという実態がある。国土交通省が発注する環境関係業務・コンサルティング業務を行うには、国土交通省が定める建設コンサルタントとして登録を行う必要があるが、下記留意点を参照。官公庁が発注する環境に関するコンサルティング関連の業務を行っている業種は建設コンサルタントを参照のこと。

アセスメント系[編集]

総合衛生管理業務や飲料水・排水・廃棄物・土壌・大気などの環境測定分析や作業環境測定を受託実施する企業体から派生した環境コンサルタントも多くある。これらはあらゆる有害物質のサンプリング、高品質の微生物管理(院内感染対策等)を含む清掃管理を、さらに食中毒菌をはじめとする微生物対策、およびHACCP(ハセップ)システムに対応する調査・分析と総合衛生管理を提案・モニタリングおよび対策についての環境コンサルティング、排水設備等の相談、医療施設等や食品・薬品工場等の衛生管理、製品・サービスの環境配慮を進めるライフサイクルアセスメント(LCA)対応、環境調査・測定分析を通じて、顧客に対しベストソリューションを提供する。

分析サービス業はもともと、分析試験サービスで最も重要なデータの信頼性として、国際的な規格(ISO9001、ISO17025、医薬品GLP、農薬GLP)に基づく品質システムで確保するため、また計量法第107条で定められている計量証明事業者、計量証明事業の登録(音圧レベル、濃度、振動加速度レベル)、建築物衛生登録、作業環境測定機関登録、特定計量証明事業者認定、建築物空気環境測定業登録、建築物飲料水水質検査業登録、食品衛生法に基づく食品検査登録機関、厚生労働省登録検査機関として水道法第20条に基づく水質検査登録機関、環境省ダイオキシン類の請負調査の受注資格、環境省 土壌汚染対策法指定調査機関など指定機関登録を行うため、知識を蓄積し取得ノウハウ支援を請け負う企業をつかさどることが可能である。

法規制系[編集]

環境保全活動などへの助言・指導、環境診断としてあらゆる業種・規模の企業等を対象に、環境法規制の順守状況(コンプライアンス)や温暖化防止対策、環境マネジメントシステム運用状況などを診断し、改善策を特定するサービスや、近年ではISOコンサルタントと呼ばれる、ISO14001の運用からISO9001/14001や各種認定(プライバシーマーク、ISMS、ISO 22000、ISO14064、HACCP、OHSAS)システム対応や取得支援も存在する。

CSR系[編集]

環境経営支援(環境パートナー)、統合認証支援、CSR/社会・環境報告書作成や各種の環境総合コンサルティングを請け負う企業も環境コンサルタント。

カーボンオフセット・排出権取引系[編集]

地球温暖化対策支援(CDM/JI)、LCA、カーボンフットプリント、排出権取引カーボンオフセットなどを行う環境コンサルタント。

廃棄物系[編集]

廃棄物対策支援を行う環境コンサルタント。

資格[編集]

環境に関する仕事をする上での資格が、目的別に数多くあるため、技術士(環境・建設部門)のほか、環境計量士(環境計測士)、港湾海洋調査士(環境調査)、公害防止管理者(大気・水質)、ビオトープ管理士(計画・施工)、環境カウンセラー(事業者部門・市民部門)、環境アセスメント調査員、作業環境測定士、環境保全エンジニア、環境分析技術者、臭気判定士、医療環境管理士、生物分類技能検定資格などを取得しコンサルタントとして活動する者も多い。 また労働衛生コンサルタント(労働衛生工学) 、プライバシーマークシステムコンサルタント企業の社会的責任(CSR)に関するコンサルタントなど、NPO法人住環境測定協会が主催し、住環境に関する測定と改善・予防に関するコンサルタント育成試験として住環境測定士資格試験のようにコンサルタント育成を目的とした資格、環境マネジメントシステムの審査員、品質マネジメントシステム審査員 食品安全マネジメントシステム審査員やEMS審査員評価判定。ISO14000内部環境監査員などの審査員資格などがあるため、資格取得の支援を行う環境コンサルタントもある。

業務内容[編集]

環境コンサルタントには定義がないため、行っている業務内容も環境に関すること様々である。 必ずしも以下に示した内容に限定されるものではない。なお環境アセスメントは、環境関連業務のごく一部である。

  • 環境関連の条例・制度設計支援
  • 環境ビジネス支援(環境ビジネス企画事業、補助金取得支援、環境商品共同研究)
  • 環境教育(環境教育セミナー、出版補助)
  • 環境相談(環境関連法規制相談 等
  • 各種環境分析と対応コンサルティング(作業環境測定。騒音・振動測定。 水質調査・分析 各種。井戸水等飲料水分析、プール水分析 建築物飲料水水質検査、土壌・廃棄物分析。土壌汚染対策法に基づく土壌調査、大気質測定・分析、大腸菌等微生物分析、建築物空気環境測定、食品衛生法に基づく食品検査、温泉法に基づく温泉成分分析など)
  • 環境技術業務・環境評価事業、化学物質(アスベスト・ダイオキシン・PCB 等)検査、シックハウス等対策まなど
  • 環境行政支援(国業務委託・自治体向けサービス)地域環境計画策定支援、環境調査、マネジメントシステム、環境アセスメント 動植物、水生生物、自然環境調査など。
  • 環境問題に関する調査・予測・評価
  • 環境機器の計画・選定・評価
  • ISO14001の認証取得支援
  • 環境報告書作成支援
  • 環境経営支援 従来の経営管理手法に環境面、CSR面を加えた経営の支援

留意点[編集]

外部リンク[編集]