三町 (高山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三町(さんまち)は岐阜県高山市伝統的建造物群保存地区の名称。上三之町、上二之町、上一之町、片原町、神明町4丁目に跨る東西約150m、南北約420mの区域。通称として平仮名でさんまち通りと表記されることが多い。

上三之町(南から北方をみる)
高山祭りの屋台蔵(上二之町最南部)
藤井美術民芸館(上三之町)
雪の上三之町

概要[編集]

高山市の中心部、宮川の東側に位置する。江戸時代金森長近が整備した城下町の商家町にあたる区域である。高山は元禄5年(1692年)幕府直轄領となり、高山城加賀藩前田綱紀の預かりとなった後、破却された。以後、旧城下町は町人地となり、飛騨地方の商業の中心地として栄えた。伝統的建造物群保存地区は宮川に並行して南北に延びる上三之町・上二之町の通りを中心に、東の上一之町、西の片原町、南の神明町4丁目にまたがっている。地区内には江戸時代後期から明治時代にかけての和風建築が数多く残されている。1973年(昭和48年)と1974年(昭和49年)の奈良国立文化財研究所の調査を経て、1979年(昭和54年)に高山市三町伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。1997年(平成9年)には、選定区域が拡大され、片原町南部、上二之町南部、神明町4丁目の一部が追加選定された。

高山市三町伝統的建造物群保存地区データ[編集]

  • 市条例による保存地区決定 - 昭和52年3月30日(高山市伝建地区保存条例制定)
  • 国による選定年月日 - 昭和54年2月3日
  • 追加選定年月日 - 平成9年5月29日
  • 区域 - 上三之町の一部、上二之町の一部、上一之町の一部、片原町の一部、神明町4丁目の一部
  • 時代 - 江戸時代~明治時代
  • 面積 - 約4.4ha(南北約420m、東西約150m)
  • 保存計画によって特定されている伝統的建造物 - 民家、土蔵等の建築物172棟、その他の工作物(秋葉様)2件

地区内の名所[編集]

町並保存会[編集]

  • 恵比須台組町並保存会
  • 上三之町町並保存会
  • 上二之町町並保存会
  • 片原町景観保存会

備考[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度8分24.63秒 東経137度15分34.06秒 / 北緯36.1401750度 東経137.2594611度 / 36.1401750; 137.2594611