鴨川 (淀川水系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鴨川
鴨川
鴨川(四条大橋から上流を望む)
水系 一級水系 淀川
種別 一級河川
延長 31 km
水源の標高 896 m
平均流量 -- /s
流域面積 210 km²
水源 桟敷ヶ岳(京都市北区
魚谷山(京都市北区)
河口・合流先 桂川(京都市伏見区
流域 京都府京都市
テンプレートを表示

鴨川(かもがわ)は、京都府京都市を流れる淀川水系の一級河川

地理[編集]

河川法における鴨川の起点は、京都市北区雲ケ畑の出合橋付近である。

北区雲ケ畑の桟敷ヶ岳東部の谷を源とする祖父谷川と、桟敷ヶ岳南部の薬師峠を源とする雲ケ畑岩屋川が雲ケ畑岩屋橋で合流し雲ケ畑川となる。雲ケ畑川は、雲ケ畑の魚谷山南部の谷を源とする中津川と出合橋で合流し、これより「鴨川」となる。鴨川起点の表記は中津川下流域にあるため、これに従うと源流は中津川であると考えられるが、これはあくまでも河川法上での扱いであり、伝統的には桟敷ヶ岳を源流と見なす人も多い。

また、この鴨川本流とは別に、京都市右京区芹生峠を源とする貴船川と、京都市左京区花脊峠を源とする鞍馬川がある。両者は貴船口で合流し鞍馬川となり、山幸橋で鴨川と合流し大きな流れとなる。貴船神社社伝においては、神武天皇の母である玉依姫命が、淀川、鴨川の源流を遡上した際にたどりついたのが貴船の地とされるため、日本神話的には貴船川を鴨川の源流と見なすこともある。

鴨川は鞍馬川と合流後、北区上賀茂で京都盆地に出る。上賀茂神社(賀茂別雷神社)、下鴨神社(賀茂御祖神社)脇を南南東に流れ、賀茂大橋(加茂大橋)手前で高野川と合流する。そこから京都市内を真南に流れ、四条大橋付近から南西へ流に振り、五条大橋から再度南下、九条高架橋を越えた後に南西へと流れを変え伏見区下鳥羽で西高瀬川と合流、そのまま桂川に注ぐ。また、中京区で西に高瀬川を分け、以南で並行して九条付近で再度合流する。

表記[編集]

1964年昭和39年)公布、翌年施行の河川法により、起点よりすべて鴨川の表記に統一されているが、通例として、高野川との合流点より上流は賀茂川または加茂川と表記される。「日本紀略」では「鴨川」「賀茂川」どちらの表記も混在しているが、平安時代には流域により表記を区別していたわけではない。

平安京の東部を流れることから、古くは東河とも呼ばれた。

自然[編集]

オオサンショウウオ
鴨川上流の雲ケ畑には、特別天然記念物のオオサンショウウオが棲む。大雨の後などに京都市街まで流されてくることがある。なお、人為的に持ち込まれたチュウゴクオオサンショウウオとの交雑が問題となっている[1][2]
ユリカモメ
10月下旬から5月上旬ごろまで、琵琶湖で越冬しながら毎日鴨川まで通って来る。今では冬の風物詩と化しているが、鴨川に姿を見せるようになったのは意外に新しく、1974年のことである。伊勢物語では、都鳥(ユリカモメ)のことを「京には見えぬ鳥」と記している。
アユ
天然アユは戦前まで遡上していたが、1935年に発生した2度の水害対策で川底の掘り下げと多数の堰の設置で、鮎の遡上が妨げられた。そのため現在は賀茂川漁協が琵琶湖産の鮎を放流している。2011年5月に京都市や賀茂川漁協などが天然アユ復活を目指し「京の川の恵みを活かす会」を発足させた[3]。同会はアユの遡上の妨げとなっていることが2010年の京都市の調査で確認されていた龍門堰に対して、鴨川と西高瀬川が合流する堰の左岸部分にスギ角材を使った仮設魚道を設置した。その後の同会が堰での定時観測により天然アユの遡上が確認された[4]。翌年5月16日には四条大橋下流に有る堰にも竹材で作られた仮設堰が設けられた(堰の下流部の水深が浅くアユが堰を飛び越える助走路を確保するため)[5]

歴史[編集]

古代の鴨川上流域は賀茂氏の本拠地であった。上賀茂神社、下鴨神社はその氏神を祀る。下流域には山背国に配置された秦氏が定住していた。

平安京においては都の東限となる。なお、鴨川が平安京の東限とされた理由として、初代造宮大夫である藤原小黒麻呂が新京予定地域である葛野郡に視察に入り「地相」を占したとされることや[6]作庭記を根拠に、風水四神相応の思想を反映させたものとする説がある。しかし、作庭記は平安京の地勢については言及しておらず、また平安京造営に際したや奏じられた踏歌においてもそういった考えについては触れていないことから、四神相応の思想が造都工事に影響を与えたという史学的根拠はなく、後世における推論が通説化したものと考えられる。

中世には京都市街に隣接する河原が歓楽地となり、多くの芸人が集まるようになった。その中の一人に出雲阿国がいる。

1614年(慶長19年)には角倉了以素庵父子によって高瀬川が開鑿され、京都と大阪を結ぶ水路として利用された。1890年(明治23年)には琵琶湖疏水によって琵琶湖とも結ばれた。しかし20世紀に入ると、鉄道の開通によりこれらの水運は衰退した。

治水[編集]

古来鴨川は氾濫を繰り返す暴れ川として知られていた。これは大都市を流れる河川としては勾配が急であることに加え、平安京造営時に北山の木が伐採されたこと、市街地の東への拡大にともない河原が市街地化したことなどが原因である。

824年天長元年)には治水を担当する防鴨河使(ぼうかし)という官職が設けられたが、洪水はやまなかった。平安末期に権勢をふるった白河法皇は、自らの意に沿わないもの(天下三大不如意)の筆頭に「賀茂の水」を挙げている。豊臣秀吉の築いた御土居の東部は鴨川に沿っており、堤防としての役割を兼ねていた。また1670年寛文10年)には今出川通から五条通までの区間に寛文新堤が設けられ、御土居との間が新たな市街地として開発された。

昭和の鴨川水害[編集]

1935年(昭和10年)6月29日未明に発生した鴨川水害では死者12名・負傷者71名・家屋の全半壊482戸、37.2平方kmが浸水。このほか鴨川にかかる26橋のうち五条大橋など15橋が流失。三条大橋など上流の橋が流失して当時コンクリートアーチ橋の四条大橋に引っかかり川の流れをせき止め、あふれた水が先斗町や鴨川と平行して走る京阪本線に路盤流失・駅舎やホーム・琵琶湖疏水の団栗閘門を破損させ東山区側の宮川町も浸水、さらに朝には団栗橋・松原橋・五条大橋を倒壊させて正面橋をせき止めてさらに大きな被害を出した。この洪水で橋で被害がなかったのは北大路・加茂・七条の3つの橋のみだった。復旧工事中の8月10-11日にかけて再度の豪雨で鴨川にかけた仮橋が流失するなどの被害を受ける。これを契機に琵琶湖疏水の暗渠化・塩小路橋付近に水力発電所建設、京阪線の地下化を含む大規模な河川改修事業が計画され、戦争による中断や京阪線地下化・疏水の暗渠化は中止されたものの、1947年(昭和22年)に鴨川工事は完成した。それまで西側に残る水路(みそそぎ川)の高さから2m近く河道が掘り下げられ、五条大橋-塩小路橋間の京阪線の緑地帯を撤去して川幅の拡幅、落差数十cmの堰を多く造り川の流速を抑制する現在の姿になった[7]

これで鴨川改修工事は終了したが、支流の河川改修工事が遅れ、昭和10年の水害時を上回る最大雨量を記録した1951年7月の水害では上賀茂地区・山端地区が浸水、岩倉地区が水没、正面橋・塩小路橋が流失している[8]

その後、京都市の交通渋滞緩和策として京阪線と琵琶湖疏水の地下化は、1979年に着工され1987年5月に地下化され、翌年5月に川端とおりが開通した。

なお御池通五条通にかけてカップルが並ぶ事で有名な堤防は、鴨川西岸の先斗町などでは道幅が狭いため火災発生時に消防車の進入ルートとして整備された。

鴨川つけかえ説[編集]

1932年(昭和7年)に塚本常雄が提唱した学説で[* 1]、賀茂川の下流部分と高野川との合流地点から白川との合流地点までは人工河川であり、本来賀茂川はまっすぐ南下して堀川に合流、高野川は現在の合流地点から南西方向に流れ六角堂付近で堀川に合流していたという説である。京都盆地は地形が北東から南西に向かって傾いており、賀茂川がそれに逆行して流れているのは不自然であり、本来は低地である堀川通に流れ込むのが自然であるというのがこの説の根源であり、書籍のみならず新聞や観光パンフレットでまでも確定した事実の様に扱われるなど、この「鴨川つけかえ説」は1980年代までは主流であった[9]

しかし後にこの説は同志社大学教授の横山卓雄の研究により否定された。地下鉄烏丸線の工事のときに烏丸中学校付近を掘削したところ、岩盤が発見されて難工事となったが、この地下の岩盤を物理探査法を用いて調査したところ、地下山脈が南東方向に存在することが判明。塚本説で唱えられた加茂川の流れをほぼ直角に横切っているため矛盾点が生じ、現在の賀茂川の流れはその地下山脈の影響を受けた自然な流れだということが判明した[10]

文化[編集]

二条大橋から五条大橋にかけての鴨川西岸の料理店では、5月から9月にかけて河原に張り出した木組みの床が設けられる。
かつては京友禅を鴨川の流れにさらす「友禅流し」が行なわれていたが、水質悪化などが問題となり1970年代に中止された。
  • 鴨川等間隔の法則
三条大橋と四条大橋の間の川岸は繁華街から近いこともあり、週末の昼下がりから夜にかけては多くの人がたたずむ。しかしどれだけ人が増えてもカップルやグループの間隔が等間隔であるといわれる事から、この現象は「鴨川等間隔の法則」と呼ばれる事がある[11]

条例による規制[編集]

京都府鴨川条例(2008年4月1日施行)により、場所によって自転車の放置・打ち上げ花火や爆竹・バーベキューなどが禁止されている。

鴨川歩道橋問題[編集]

京都市1980年代以降、三条大橋と四条大橋の中間に歩行者専用の新たな橋を架けることを計画している。この計画に対しては、予定地の東側では街の活性化につながると賛成する意見がある一方で、西側の先斗町では地域が橋への通り道になると街の風情が損なわれるとして反対する意見が多数を占めていた。

1996年、京都を訪問したフランスシラク大統領(元パリ市長)は桝本頼兼市長との会談で、セーヌ川ポンデザール(芸術橋)を模した橋を鴨川に架けることを提案した。これは、2年後の1998年が「日本におけるフランス年」にあたることと、京都市とパリ市の友情盟約締結40周年にあたることから、その記念事業としての構想であったが、この計画が公表されると「新たな名所になる」と歓迎する意見がある一方で、「フランス風のデザイン」が景観を損ねるとの批判も起こり、世論を二分した。1997年に行なわれた都市計画案の公告・縦覧では計画に賛成する意見書が反対を上回ったものの、これに対しても計画に反対する市民団体から「意見書の内容を充分に検討することなく数のみを比較している」と、計画決定の拙速さが批判の対象となった。またフランスのルモンド紙が計画を批判する記事を掲載するなど、京都市外をも巻き込んだ論争となり、結局、1998年に市は芸術橋計画を白紙撤回した。

主な支流[編集]

源流[編集]

  • 中津川
  • 雲ケ畑川
    • 祖父谷川
    • 雲ケ畑岩屋川

起点以降に合流する支流[編集]

分流[編集]

  • 御手洗川(みたらしがわ)
明神川ともいう。北区上賀茂で賀茂川から分かれ、上賀茂神社境内を流れた後、再び賀茂川に合流する。境内では御物忌川、楢の小川とも呼ばれる。なお、下鴨神社境内にも同名の川があるが、こちらの水源は湧水であり、高野川を経て鴨川に注ぐ。[12]
この水は葵祭の神事に用いられる。
  • みそそぎ川
加茂大橋下流で鴨川から分かれ、西岸の河川敷(鴨川公園の地下川道、丸太町橋下流で地上へ)を鴨川本流と並行する。二条大橋の下流で高瀬川を分けた後、五条大橋付近で再び鴨川に合流する。夏の納涼床はこの川にまたがる形で設けられる。

水力発電所[編集]

鞍馬川・静原川・賀茂川(鴨川)より取水、水路式水力発電を行い、賀茂川(鴨川)に放流する「関西電力株式会社洛北発電所」がある。明治41年「洛北水力電気株式会社」が設置、大正3年に京都電燈の発電所となり、その後1940年(昭和15年)に京都市に売却され京都市電気局所管の市営発電所となり、1942年(昭和17年)配電統制令で関西配電(現関西電力株式会社)に現物出資された。出力は1号機200kW・2号機250kWの合計450kWと1基あたりの出力は小水力発電所並だが現在も稼動している。

主な橋梁[編集]

鴨川に架かる橋は、豊臣秀吉の頃からの公設橋の三条大橋・五条大橋、太田垣蓮月が私財を投じて造られた丸太町橋、町衆の力を集めて造られた四条大橋などの私設橋と、橋それぞれにいろいろな歴史が存在する。

そして明治30年代の「京都市3大事業」のひとつ京都市電の敷設に併せて丸太町橋・四条大橋・七条大橋が市電の荷重に耐えられる近代橋に架け替えられたが、2012年現在、鴨川にかかる橋の多くは1935年(昭和10年)6月の京都水害で倒壊したり、水害対策の河川改修に伴い架け替えられたり、五条大橋のように戦後の道路拡幅により、塩小路橋・丸太町橋は老朽化により1970年代以降に架け替えられている。現存する橋で最古の橋は1913年春に竣工した七条大橋で、まもなく開通100年となる[13]

岩屋橋 - 出合橋 - 山幸橋 - 高橋 - 庄田橋 - 志久呂橋 - 賀茂川通学橋 - 西賀茂橋 - 御薗橋 - 上賀茂橋 - 北山大橋(北山通) - 北大路橋(北大路通) - 出雲路橋 - 葵橋(下鴨本通) - 出町橋 - 賀茂大橋(今出川通) - 荒神橋 - 丸太町橋(丸太町通) - 二条大橋(二条通) - 御池大橋(御池通) - 三条大橋三条通) - 四条大橋四条通) - 団栗橋 - 松原橋(松原通) - 五条大橋 - 正面橋 - 七条大橋七条通) - 塩小路橋(塩小路通) - (JR東海道本線鉄橋) - (JR東海道新幹線鉄橋) - (JR奈良線鉄橋) - 九条跨線橋(九条通) - 東山橋 - 陶化橋(十条通) - 勧進橋(竹田街道) - 水鶏橋 - (近畿日本鉄道京都線鉄橋) - 竹田橋 - 京都南大橋(油小路通) - 大宮大橋(大宮通) - 鳥羽大橋(国道1号) - 鴨川橋(名神高速道路) - 小枝橋 - 京川橋

ギャラリー[編集]

賀茂川(左)と高野川(右)の合流点。奥に見えるのが糺の森。

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 根源となるべき説は1985年(明治28年)『平安通史 巻乃一』で湯本文彦らによりなされている。

出典[編集]

  1. ^ オオサンショウウオ#賀茂川におけるチュウゴクオオサンショウウオとの交雑問題
  2. ^ 京都市が許可を得て鴨川上流で捕獲してDNA鑑定したところ捕獲したオオサンショウウオの90パーセント以上が交雑種、またはチュウゴクオオサンショウウオだった。出典・京都新聞2012年2月15日朝刊1面の記事より
  3. ^ 天然アユ復活へ鴨川に魚道を設置を
  4. ^ アユ2万匹鴨川に遡上
  5. ^ 出典・京都新聞2012年5月17日18面京都市民版掲載記事より
  6. ^ 本内容は京都検定の公式テキストブックにも記載がある。
  7. ^ 参考文献・『京都市水害史』(1936年3月、京都市発行、京都府立総合資料館所蔵(資料コード1104878531))・植村善博著『京都の治水と昭和大水害』(2011年4月 文理閣 刊)
  8. ^ 出典・植村善博著『京都の治水と昭和大水害』(2011年4月 文理閣 刊)第2章「鴨川と京都の水害史」52頁
  9. ^ 横山(1988) pp.9-40
  10. ^ 横山(1988)pp.124-131
  11. ^ 京都新聞2011年7月16日夕刊9面に掲載の「左右気にせず愛語り合う」では記者がメジャー片手にカップルの間隔を実地計測してレポートしている。また1994年に斉藤光橋爪紳也共著「kyoto恋愛空間」(学芸出版刊)にも鴨川等間隔の法則について書かれている
  12. ^ 御手洗川(明神川) - 京都観光Navi(京都市、京都高度技術研究所、2013年9月15日閲覧)
  13. ^ 参考文献・京都新聞2012年9月24日朝刊 京都市地域版 22面・2013年4月13日朝刊 京都市地域版 21面より、京阪電鉄駅置き沿線情報誌「K PRESS」2014年3月号8面『京阪沿線の名橋を渡る・七条大橋』、植村善博著「京都の治水と昭和大水害」

参考文献[編集]

  • 横山卓雄、1988、『平安遷都と「鴨川つけかえ」 - 歴史と自然史の接点』  ISBN 4-938554-12-7
  • 植村善博、2011、『京都の治水と昭和大水害』  ISBN 978-4-8929-652-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]