京都市内の通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都市 > 京都市内の通り

京都市日本京都府)の中心部の通りは、南北と東西に直交する「碁盤の目」と言われる街路を特徴とし、主要な通りに限らずほとんどの通りが固有の名称を持ち、場所を表すためにも用いられる。

この記事では京都市の通りに関する話題と通りの記事の一覧を示す。

概説[編集]

平安京条坊制に基づく南北と東西に直交する大路小路に端を発し、近世における天正の地割や、京都市三大事業やその後の都市計画事業による拡築などによって形を変えつつも、南北と東西に直交する街路を基本とする「碁盤の目」と呼ばれる現在の形になっている。

市の中心部においてはほとんどの通りが名称を持ち、場所(交差点・住所(所在地))を表すためにも用いられる(通り名を用いた場所の表記を参照)。なお、「通(とおり)」の「り」は送らないのが正式である。すなわち、「○○通」が正式であり、「○○通り」ではない(表記参照)。

成立と変遷[編集]

平安京の大路小路

794年に造営された平安京の中央には、南北に幅28(約85メートル)の朱雀大路が位置し、南端には都の正門である羅城門、北端には大内裏の正門である朱雀門につながっていた。また、東西南北には、17丈(約50メートル)から8丈(約24メートル)まで5種類の幅を持つ大路、幅4丈(約12メートル)[1]の小路[2]により、40丈四方の街区「町(まち)」に区画された。

その範囲は、北端が現在の一条通、南端が九条通、東端が寺町通にあたる。なお、西端は、概ね現在の葛野大路通付近にあたるが、都の西半分である右京が寂れたこともあり、街路としては継承されている訳ではない。

10世紀初期の『延喜式』においては、平安京内の縦横に設けられた街路の幅員について詳細に示されている。しかしながら、固有の街路名は「朱雀大路」が見えるだけであり、外周を「東極大路」、「南極大路」などと示すのみである。

街路(大路小路)が固有の名称を持つ時期は定かではなく、自然発生的に生じたと考えられるが、10世紀後半には、町尻小路・町口小路室町小路油小路具足小路(錦小路)綾小路塩小路などの名称が用いられ、大路小路が固有の名前で呼ばれるようになった。

平安時代後期になると、都は左京中心になるとともに、都市域が一条を越えて北へ広がり、街路も北進した。また、白河殿の設置など二条大路を介して鴨川東岸へも広がった[3]

中世以降、街路の幅は狭小化した。これは、街路を中心とした向き合う部分がコミュニティを構成する両側町の成立とも大いに関係する。

戦国時代末期には、現在使われる「~通(とおり)」という表現で呼ばれるようになり、またこの戦国時代から織豊期に掛けての時期に、現在にも伝わる新しい名称が多く生まれ、近世に掛けて定着した。

また、この時期、京都の町割りに大きな変更を行ったのが、豊臣秀吉である。御土居を築造し、寺町通・室町通間及び堀川通以西で半町ごとに新しい街路を南北に通す、天正の地割を行った。

江戸時代においては、大きな変化はなかったものの、河原町通木屋町通など鴨川西岸、鴨東と呼ばれる鴨川東岸の開発が進んだ。

明治時代から大正時代に行われた三大事業によって、烏丸通千本通大宮通東大路通丸太町通四条通七条通の拡築と市電の敷設が行われた。また、その後の都市計画事業として北大路通西大路通九条通東大路通の市内外周道路のほか河原町通などの主要道路の拡築が行われた。市街地周辺部の街路も土地区画整理事業とともに、この時期から整備されていった。

第二次世界大戦時に建物疎開が行われ、高辻通智恵光院通等において消防道路の敷設のため、また御池通五条通堀川通などに沿って大幅な防火帯の形成のために建物疎開が行われ、戦後の道路拡幅に用いられることになった。

通り名を用いた場所の表記[編集]

烏丸通+塩小路通=烏丸塩小路

交差点[編集]

市内中心部の交差点は、交差する2つの通り名の合成により、たとえば烏丸通と丸太町通の交差点は、それぞれの名称から「通」を除いたもの(「烏丸」「丸太町」)を続け、「烏丸丸太町」のように称される。

南北の通りを先に記すが、東西の通りが主要なものである場合そちらを先に記す。

住所[編集]

表記の法則[編集]

市内中心部の住所(所在地)は、以下の法則を持つ通り名により表記される。

南北の通りに面した場所
南北の△△通に面し、東西の○○通から北に進んだところにある場所は「△△通○○上る」であり、○○通から南に進んだところにある場所は「△△通○○下る」である。「上る」「下る」はそれぞれ「あがる」「さがる」と読む。
東西の通りに面した場所
東西の□□通に面し、南北の××通から東に進んだところにある場所は「□□通××東入」であり、××通から西に進んだところにある場所は「□□通××西入」である。「東入」「西入」はそれぞれ「ひがしいる」「にしいる」と読む。

公的な住所の表記[編集]

市内の中心部(市制施行時に市域であった場所)においては、その場所を「町名+番地」だけでなく、町名の前に位置する場所を上記の方法で示したものを付したものが、住民票等に記される公的な住所(所在地)の表記方法として用いられる(例として、京都市役所の所在地は「京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地」と表記される)。

公的な住所(所在地)の表記方法としては用いられないものの、その周縁部でも、所在地を上記の方法で示すことは一般的に行われる。

所在地を上記の方法で示すことができるような場所では、郵便番号が5桁までであったころ、郵便物のあて先の住所としては、町名+番地を記さず「上る」「下る」までを示すことが一般的であった。

表記の差異[編集]

「上る」「下る」は、「上ル」「下ル」と送り仮名をカタカナとすることもある。かつては、公的な所在地の表記として「上ル」「下ル」が用いられていた。

公的な所在地の表記は「東入」「西入」であるが、一般的にはそれぞれ「東入ル(東入る)」「西入ル(西入る)」とも表される。

一般的には近くの交差点から、北、南、東、西にある場所を、交差点名の後に「上る」「下る」「東入(る)」「西入(る)」をつけて表すこともしばしば見られる(例として「四条河原町上る」。公的な表記に従うと「河原町通四条上る」となる)。また、交差点名+「○○角」(○○には「北東」「北西」「南東」「南西」が入る)という表記も見られるが、こちらも公的な表記には用いられていない。

表記の歴史[編集]

直交する通り名の合成による地名(交差点名)の表記は11世紀初頭から、また、現在も用いられる「○○通○○下る」などの表記については17世紀中期からその用例が見られる[4]

通りを覚える歌[編集]

京都市の中心部の東西・南北の通りの名を覚えるために、通りの名前を編み込んだ唄がいくつか知られている。その中でも代表的なものが下の2曲である。節の最初を取り、南北の通りについては寺御幸(てらごこ)、東西の通りについては丸竹夷(まるたけえびす)とも呼ばれる。なお、丸竹夷が口伝えに伝えられてきたものであるのに対し、寺御幸は一度途絶えてしまったものを、過去の史料をもとに再編したものである。

KBS京都1990年頃『姉三六角蛸ワイド(あねさんろっかくちょうワイド)』というテレビのワイド番組を放送したことがある。京都銀行寺御幸を、聖護院八ツ橋丸竹夷CMで使ったこともある。また、フィクションでは『名探偵コナン 迷宮の十字路』に登場している。

歌詞についてはいくつかのバリエーションがみられる。ここに示すのはその中の一例である。

南北の通り(寺御幸)[編集]

てらごこふやとみ やなぎさかい
たかあいひがし くるまやちょう
からすりょうがえ むろころも
しんまちかまんざ にしおがわ
あぶらさめがいで ほりかわのみず
よしやいのくろ おおみやへ
まつひぐらしに ちえこういん
じょうふくせんぼん はてはにしじん

寺御幸麩屋富柳堺
高間東車屋町
烏両替室衣
新町釜座西小川
油醒ヶ井で堀川の水
葭屋猪黒大宮へ
松日暮に智恵光院
浄福千本果ては西陣

町、御幸町、麩屋町、小路、馬場、町、倉、之町、洞院、車屋町丸、両替町、町、棚、新町釜座西洞院、小川小路、醒ヶ井堀川葭屋町、熊、門、大宮屋町、日暮智恵光院浄福寺、千本

西陣」は通りの名ではない。

東西の通り(丸竹夷)[編集]

まるたけえびすに おしおいけ
あねさんろっかく たこにしき
しあやぶったか まつまんごじょう
せったちゃらちゃら うおのたな
ろくじょうさんてつ とおりすぎ
ひっちょうこえれば はっくじょう
じゅうじょうとうじで とどめさす

丸竹夷二押御池
姉三六角蛸錦
四綾仏高松万五条
雪駄ちゃらちゃら魚の棚
六条三哲通りすぎ
七条越えれば八九条
十条東寺でとどめさす

太町、屋町、川、条、小路、御池小路、条、六角薬師、小路、条、小路、光寺、辻、原、寿寺、五条、 (雪駄屋町)、屋町、(屋町)、(魚棚)、六条三哲七条八条九条十条東寺

尚、雪駄屋町通は現在楊梅通、銭屋町通は現在的場通、魚の棚通は現在六条通。三哲は塩小路通

下を「五条」で唄を終えることもある。また、魚の棚以南の個所には異なって伝わっている歌詞が多くある。古くから歌い慣らされているのは、上記の通り、十条通を歌い込むものだが、三哲通(塩小路通)が七条通より早く歌われるとともに、九条通にある東寺を十条通とともに掲げるなど、実際の通りの順序と異なって歌われている。なお、上が丸太町通から始まっているが、江戸時の町家の上手は概ね丸太町から始まり、下は五条程度であった。また、昭和初期まではその外では田畑も多かった。これを実際の並びの通りに示した歌詞もある(下表参照)。

せったちゃらちゃら うおのたな
ろくじょう ひっちょう とおりすぎ
はっちょうこえれば とうじみち
くじょうおおじで とどめさす

雪駄ちゃらちゃら魚の棚
六条七条通りすぎ
八条越えれば東寺道
九条大路でとどめさす

また、丸竹夷も、寺御幸についても、上に掲げるもの以外のバリエーションは数多く存在する。また、丸竹夷(東西の通り)に続いて、寺御幸(南北の通り)を歌うものもある。

寺御幸

  • 「浄福千本さては西陣」(じょうふくせんぼんさてはにしじん)

丸竹夷

  • 「九条十条でとどめさす」(くじょうとうじょで とどめさす)

その他[編集]

その他有名なものとして、丸太町通から松原通までの東西の通りを歌うものとして以下のものがある。

ぼんさんあたまはまるたまち
つるっとすべってたけやまち
みずのながれはえびすがわ
にじょうでこうたきぐすりを
ただでやるのはおしこうじ
おいけでおうた(でおうた)あねさん
ろくせんもろうてたここうて
にしきでおとしてかられて
あやまったけどぶつぶつと
たかがしれた(て・と)るどしたろ

丸太町
竹屋町
夷川
二条
押小路
御池通 小路通 条通
角通 薬師通
小路通 条通
小路通 光寺通
辻通 原通

また、丸太町通から北の東西通り名を歌いこむものとして、以下のものがある。

くらやてら かみだちいつつじ いまやもと
むいちなかだち ちょうじゃさんとおり
でみずしも さわらぎ…

鞍や寺 上立五辻 今や元
武一中立 長者三通り
出水下 椹木…

図子(辻子)と路地[編集]

地割の内部にアクセスするため、路地(「ろーじ」と発音される[5])が作られる。多くは袋小路で、表の通りから路地への入り口には、門が設けられたり住民の表札が掲げられたりすることがよくある。表の家屋の二階が上を覆っている場合もある。

このように、京都における路地はきわめて内部的なもので、部外者の通行が自由である通りとは画然とした区別がある。道幅は人の擦れ違いが出来ないようなものから、軽自動車が行き違えるようなものまで様々である。

先斗町通木屋町通を繋ぐビルの通路は、建物が現代化されても生き残っている路地といえよう。

袋小路の路地の突き当たりを貫通させ、通路として開放したものを図子(ずし、辻子とも表記する)と呼ぶ。路地と異なり、一般の通り抜けが認められている。

図子には「革堂図子」や「紋屋図子」など、名前がつけられているものがある。中心部の町名に「図子」や「突抜」とあるものは図子に由来する。

背中合わせの路地を繋いで図子とした経緯を物語るものもある。中ほどで直角にあるいは鍵の手に折れ、その前後で道幅が違っている。京都の「通り」の直線的で遠くを見通せる形とは違う姿が図子には見える。

道幅が狭い通りを単純に路地と呼ぶのではないことに注意が必要である。

特に図子の集中する地域として、上京区一条通以北が挙げられる。この地域はもともと平安京の範囲外だったが、市街地の拡大により南北方向の通りが北に延長され、これらを東西方向に連絡するための図子が作られた。

通りの一覧[編集]

()内は通りの別名(一部区間のみの別名も含む)。また同じ行に記した通りは南北または東西の同一直線上にある。また、市街地のほとんどの通りに固有の名称がつけられていることは日本の大都市では希有な例である。

南北の通り[編集]

東側から

高野川-鴨川以東[編集]

高野川以西 賀茂川以東[編集]

賀茂川-鴨川以西 堀川以東(鞍馬口より南)[編集]

堀川以西(鞍馬口より南)[編集]

鞍馬口通より北[編集]

東西の通り[編集]

北側から

鞍馬口通より北[編集]

鞍馬口通-丸太町通[編集]

丸太町-五条[編集]

五条通より南[編集]

伏見市街地の通り[編集]

南北の通り
東西の通り

その他の通り[編集]

街道[編集]

京街道も参照されたい。

表記[編集]

参考文献にある印刷資料では「○○通」と表記されており「り」を送らない。参考文献以外の印刷物も送らないものが大部分である[6]。また、主要バス停付近などに京都市の設置した「付近観光案内図」でも送らない。例外は道路に設置された案内標識の場合で「通」と「り」を送る表記になっているが、何らかの全国的な規準あるいは指針に「り」を送ることになっていると考えられる。古い標識には元来送っていなかったところに「り」を追記したものが散見される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例外的に東西の堀川小路では中心に河川が通り、広幅員の街路となっていた。
  2. ^ 京都商工会議所編 『改訂版京都・観光文化検定試験公式テキストブック』 淡交社2005年ISBN 447303245022頁
  3. ^ 京都商工会議所編 『改訂版京都・観光文化検定試験公式テキストブック』 淡交社2005年ISBN 447303245023頁
  4. ^ 高橋康夫「京の通り名」『京・まちづくり史』高橋康夫・中川理編、2003年、昭和堂、74-75頁 ISBN 4-8122-0314-7
  5. ^ 京都商工会議所編『改訂版京都・観光文化検定試験公式テキストブック』、2005年淡交社、252-253頁 ISBN 4-473-03245-0
  6. ^
    「り」を送らない文字資料
    • 京都新聞
    • 朝日新聞
    • 読売新聞
    • 国土地理院 『1万分の1地形図』京都御所、東山、太秦、桂、岩倉、伏見、国土地理院、2005年
    • 財団法人平安建都1200年記念協会(編) 『平安京1200年』 淡交社、平成6年。
    • 竹村俊則 『昭和京都名所図会』5 洛中、駸々堂出版1984年
    • 修学旅行研究会 『新版 修学旅行の本』京都、国土社、2007年ISBN 978-4-337-26733-7
    • 『地球の歩き方MOOK』京都で過ごす1週間、ダイヤモンド・ビッグ社2006年ISBN 4-478-07967-6
    • 『乗る&歩く 京都編』地下鉄東西線延伸号、ユニプラン、2004年ISBN 4-89704-704-6
    • 新創社/松岡満 『京都時代MAP』幕末・維新編/安土桃山編/伝統と老舗編/平安京編、光村推古書院、京都、2003-。ISBN 9784838103256/4838103697/9784838103850/9784838103928。
    • 新創社/松岡満 『京都・観光文化時代MAP』 光村推古書院、京都、2006年ISBN 4838103778
    「り」を送る出版物
    • 財団法人日本修学旅行協会(監修) 『楽しい修学旅行ガイド』京都、学習研究社1997年、新訂版。

参考文献[編集]

  • 日本アート・センター(編集制作) 『京都の大路小路』[正]/続、小学館、東京、1994-1995。ISBN 4093871051/4093871582。
  • 日本アート・センター(編) 『京都の大路小路』 小学館、東京、2003年、ビジュアル・ワイド版。ISBN 4096815616
  • 京都商工会議所編 『改訂版京都・観光文化検定試験公式テキストブック』 淡交社2005年ISBN 4473032450
  • 『日本歴史地名大系』27 京都市の地名、平凡社1979年
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会、竹内理三 『角川日本地名大辞典』26上下 京都府、角川書店1982年
  • 京都市 『史料 京都の歴史』7上京区、平凡社、1980年
  • 高橋康夫・中川理 『京・まちづくり史』 昭和堂、2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ジオどす - 京都市内の通り名による住所表記から検索できる地図検索サイト