天子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天子(てんし)とは、中国日本で用いられた君主の称号。天下を治める者。国王皇帝天皇などの別号として用いられる。

天帝)の子であり天命により天下を治めるとする古代中国の思想を起源とする。代、周公旦によって「天帝がその子として王を認め王位は家系によって継承されていく。王家がを失えば新たな家系が天命により定まる」という「天人相関説」が唱えられ、天と君主の関係を表す語として「天子」が用いられるようになったという。始皇帝により、天下を治める者の呼称が神格化された皇帝へと変わると、天子の称は用いられなくなったが、代にいたり儒教精神の復活をみると、再び天子の称が用いられるようになり、それは皇帝の別名となった。

皇帝の支配は、空間領土)の支配と時間年号)に及び、皇帝以外の者の支配は許されなかった。前漢武帝は、太陰暦太陽暦を合体した太初暦を制定。皇帝の下した暦を用いるのが、皇帝の主権を認めた証拠となり、これを「正朔を奉ずる」と言った。皇帝は天帝に対しては天の子=天子として天を祭る儀礼を司り、それは皇帝だけに許された神聖儀礼として朝に至るまで連綿と引き継がれた。

中国の影響を多く受けた日本でも、天子は大王天皇の別名として用いられ、厩戸王(聖徳太子)は「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙なきや」と記した国書を煬帝に送っている。

関連項目[編集]