周公旦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周公旦

周公旦(しゅうこう・たん、ピンイン ; Zhōugōng Dàn)は、中国王朝の政治家

略伝[編集]

の開祖で周公は称号と思われる。文王の第四子で、初代武王の同母弟である。次兄・武王の補佐を勤め、さらに武王の少子(年少の子)の成王を補佐して建国直後の周を安定させた。太公望召公奭と並び、周建国の大功臣の一人である。

兄の武王存命中は兄の補佐をして打倒に当たったとだけとしかわからない。

周が成立すると曲阜に封じられて、魯公となるが天下が安定していないので魯に向かうことはなく、嫡子の伯禽に赴かせてその支配を委ね、自らは中央で政治に当たっていた。

建国間もない時期に兄・武王は病に倒れ、余命いくばくもないという状態に陥った。これを旦は嘆いて自らを生贄とすることで武王の病を治してほしいと願った。武王の病は一時回復したが、再び悪化して武王は崩御した。

武王の死により、武王の少子の成王が位に就く。成王は未だ幼少であり、旦はの召公と共に摂政となる。

その中で三監の乱中国語版が起きる。殷の帝辛の子の武庚(禄父)は旦の同母兄の管叔鮮(第三子)と同母弟の蔡叔度(第五子)とさらに同母弟の霍叔処三監に監視されていた。だが、霍叔処を除く二人は旦が成王の摂政に就いたのは簒奪の目論見があるのではと思い、武庚を担ぎ上げて乱を起こしたのである。旦はこの乱を治めて武庚と兄の管叔鮮を誅殺し、弟の蔡叔度をその息子の仲胡の家督を継がせて、流罪とした。

その後、七年が経ち成王も成人したので旦は成王に政権を返して臣下の地位に戻った。その後、雒邑(洛陽)を営築し、ここが周の副都となった。

また旦は、学の基礎を形作った人物とされ、周代の儀式・儀礼について書かれた『周礼』、『儀礼』を著したとされる。旦の時代から遅れること約500年の春秋時代儒学を開いた孔子は魯の出身であり、旦を理想の聖人と崇め、常に旦のことを夢に見続けるほどに敬慕し、ある時に夢に旦のことを見なかった(吾不復夢見周公)ので「年を取った」と嘆いたという。

周公の称号については旦は周の故地である岐山に封じられて周の公(君主)となったのでこう呼ばれるのではないかとの説もある。また、武王が崩御した後に旦は本当は即位して王になっており、その後成王に王位を返したのではないかとの説もある。

周公の墓はどこにあるのかは未だ謎であるが、2004年に中国陝西省宝鶏市の周公廟付近で、それらしい墓が発見されている。

周公を題とした作品[編集]

  • 周公解夢』(周公解夢全書の項目を参照。)
    敦煌から出土した夢占いの古書で、周公旦の名を冠している。香港の俳優曾國祥は、自ら監督を務めた個人映画『周公解夢』を製作し、香港で公開した。
  • 周公祠
    中国山東省曲阜の孔廟の東北には周公旦を祀る周公祠が現存している。

慣用表現など[編集]

  • 周公を訪ねる
    広東語では孔子が夢で旦に教えを請うた故事から、「周公を訪ねる」という意味の「揾周公 wan Jaugung」というフレーズが「寝る」という意味で使われている。

文芸作品[編集]