北川政夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北川政夫(きたがわ まさお、1910年2月 - 1995年8月4日)は、日本植物学者である。戦前は中国東北部の植物を研究した。

満州大連市に生まれた。東京帝国大学の植物学科を卒業した。大陸科学院研究官を務め、標本を収集し、地域植物誌をまとめ、中国東北部の植物相を明らかにするとともに、多くの新種植物の記載を行った。ボウフウSaposhnikovia seseloides auct. non (Hoffm.) Kitag.)の記載などが含まれる。1947年から農林技術研究所、農業技術研究所で働き、1950年から横浜国立大学教授となった。

著書[編集]

  • 關東州植物誌 (1927)
  • 滿洲國植物考 (1939)
  • 熱河省産新植物 中井猛之進と共著(1934)
  • 生きている植物の四季 宮脇昭と共著 (1958)
  • 新日本植物誌 (顕花篇) 大井次三郎の著書の改訂(1983)

参考文献[編集]