ゲンノショウコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲンノショウコ
'
ゲンノショウコ
神奈川県相模原市、2006年9月)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類II Eurosids II
: フウロソウ目 Geraniales
: フウロソウ科 Geraniaceae
: フウロソウ属 Geranium
: G. sect. Geranium
: ゲンノショウコ G. thunbergii
学名
Geranium thunbergii
Siebold[1] ex Lindl. et Paxton[2]
シノニム
  • Geranium nepalense auct. non Sweet
  • Geranium nepalense Sweet subsp. thunbergii (Siebold ex Lindl. et Paxton) H.Hara
  • Geranium nepalense Sweet var. thunbergii (Siebold ex Lindl. et Paxton) Kudô
  • Geranium nepalense Sweet f. roseum H.Hara
  • Geranium nepalense Sweet f. glabratum (H.Hara) H.Hara
品種[3]
  • シロバナゲンノショウコ G. t. f. pallidum
  • ヤエザキゲンノショウコ G. t. f. plenum
  • ベニバナゲンノショウコ G. t. f. thunbergii

ゲンノショウコ(現の証拠、学名: Geranium thunbergii)は、フウロソウ科フウロソウ属多年草生薬のひとつであり、和名は「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味する。玄草(げんそう)ともいう。種子を飛散させた後で果柄を立てた様が神輿のように見えることから、ミコシグサとも呼ばれる。

近い仲間にアメリカフウロ老鶴草中国語版などがある。

形態・生態[編集]

は約30-40cmに伸びる。

は掌状に分かれる。

紅紫色または白紫色の(紅紫花は西日本に、白紫花は東日本に多く見られる)はに開花し、花弁は5枚。

分布[編集]

日本では北海道草地本州九州山野、また、朝鮮半島中国大陸などに自生する。

人間との関わり[編集]

ゲンノショウコはドクダミセンブリなどと共に、日本の民間薬の代表格である。江戸時代から民間薬として用いられるようになり、『本草綱目啓蒙』(1803年)にも取り上げられた。現代の日本薬局方にも「ゲンノショウコ」として見える。但し、伝統的な漢方方剤(漢方薬)では用いない。有効成分タンニン。根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止め胃薬とし、またとしても飲用する。飲み過ぎても便秘を引き起こしたりせず、優秀な整腸生薬であることから、イシャイラズ(医者いらず)、タチマチグサ(たちまち草)などの異名も持つ。

夏の季語

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト (1796-1866) or Karl Theodor Ernst von Siebold (1804-1885) physiologist and zoologist
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Geranium thunbergii Siebold ex Lindl. et Paxton”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年9月15日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2013年9月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、307頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]