ゴマノハグサ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴマノハグサ科
Scrophularia nodosa8.jpg
Scrophularia nodosa
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
学名
Scrophulariaceae Juss.

ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)は、双子葉植物に属するのひとつ。草本または低木からなる。世界的に分布し特に温帯や熱帯の高山に多い。は左右相称、花弁は合着して4-5裂し、シソ科に似た唇状、あるいは筒状になるものもある。果実は2つに裂ける。

下位分類[編集]

約56属2100種が属する[1]

かつての分類体系[編集]

次の属はかつてゴマノハグサ科とされていたが、APG植物分類体系で他の科へ移された。

キンギョソウ
ジギタリス

次の属は従来別科とされていた。

系統樹[編集]

APG分類体系のシソ目系統樹を示す。詳細については議論があり必ずしも確定的なものではないが、旧ゴマノハグサ科は少なくとも太字の数グループに分けられた。科名は系統に基づく新分類、カッコ内は旧分類。










ハマウツボ科(旧ゴマノハグサ科の多くを含む)



キリ科(旧ノウゼンカズラ科またはゴマノハグサ科)




ハエドクソウ科(旧ゴマノハグサ科の多くを含む)



シソ科(旧クマツヅラ科の一部を含む)




ゴマ科キツネノマゴ科





ノウゼンカズラ科タヌキモ科



シュレーゲリア科(旧ゴマノハグサ科)




クマツヅラ科ツノゴマ科





ゴマノハグサ科(旧フジウツギ科、ハマジンチョウ科も含む)



スティルベ科(旧クマツヅラ科)




オオバコ科(旧ゴマノハグサ科の多くとアワゴケ科、スギナモ科、グロブラリア科を含む)




イワタバコ科




カルセオラリア科(旧ゴマノハグサ科)




モクセイ科



(R. G. Olmstead et al.: American Journal of Botany 2001;88:348-361、K. Müller et al.: Plant biol (Stuttg) 2004;6:477-490等による)

脚注[編集]

  1. ^ Jan Thomas Johansson. “Scrophulariaceae”. 2014年5月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 豊国秀夫 『日本の高山植物』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月、163-187頁。ISBN 4-635-09019-1
  • 林弥栄 『日本の野草』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月、166-193頁。ISBN 9784635090421

外部リンク[編集]