イワタバコ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワタバコ科
Purple African Violet Top.JPG
セントポーリアSaintpaulia ionatha
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: イワタバコ科 Gesneriaceae
学名
Gesneriaceae
Dumortier nom. cons.
  • 本文参照

イワタバコ科(Gesneriaceae)は、双子葉植物のひとつ。クロンキスト体系ではゴマノハグサ目に入れ、APG植物分類体系ではシソ目に含められる。世界の熱帯から亜熱帯を中心に、一部は温帯域にかけて、約150-1602000-3200ほどが属する大きな科である。日本にもイワタバコなどの自生種がある。

分類・形態[編集]

ほとんどが多年生草本であるが、一部低木があり、ごくわずかだが高木もある。また、一年生(Microchirita属など)や一稔性(Streptocarpus属の単葉種など)の草本もある。岩肌(イワタバコなど)や他の樹木に着生するものもある。は花弁の合着する合弁花で、5裂する。

アジア・アフリカに分布するCyrtandroideae(82属、約1900種)と、チリ南部やオーストラリアに分布するCoronantheroideae(9属、約20種)、中南米や西インド諸島に分布するGesnerioideae(62属、約1050種)の三つの亜科に分けられる。

園芸種[編集]

アキメネスグロキシニアセントポーリアストレプトカーパスなど花の美しいものは、鉢物として観賞されているが、セントポーリアなど暑さ寒さに弱いものもある。繁殖は葉挿しや挿し木が一般的だが、実生も可能。その場合原種以外は親と違う花が咲く可能性が高い。また、クローニングである葉挿しや挿し木ですら維持できない形質もある(セントポーリアの縞花など)ので特殊な繁殖方法が必要なものもある。

日本産のもの[編集]

日本には下記のようなものが分布する。このうち、日本本土で普通なものはイワタバコのみで、シシンランはまれな着生植物である。それ以外のものは南西諸島に分布する、立ち上がる草ないし灌木状のものである。イワギリソウは環境省レッドデータブックで絶滅危惧IB類、ナガミカズラは絶滅危惧IA類に指定されている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.mapress.com/phytotaxa/content/2011/f/p00023p036f.pdf

外部リンク[編集]

  • Gesneriaceae in Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006. http://delta-intkey.com