ハエドクソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハエドクソウ科
Phryma leptostachya var. asiatica 7.JPG
ハエドクソウ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: ハエドクソウ科 Phrymaceae
学名
Phrymaceae
Schauer, nom. cons.

ハエドクソウ科(Phrymaceae)は双子葉植物の科の一つである。約13属190種が属し、北アメリカとオーストラリアを始めとして世界に分布する[1]果実はさく果で、ハエドクソウ属のみ種子が1個、その他は多数の種子を含む。花冠は筒状で先は唇状になる。

従来ゴマノハグサ科に分類されていた属を含む。

分類[編集]

系統[編集]

以下に系統樹を示す。大部分の種はミゾホオズキ属 Mimulus に含まれるが、これは多系統であり、将来的に再編される可能性が高い[2][3]

ハエドクソウ科
サギゴケ亜科

サギゴケ属 Mazus



Lancea



ハエドクソウ亜科


M. sect. Mimulus(一部)




M. sect. Mimulus(一部)




Glossostigma



Peplidium







ハエドクソウ属 Phryma





Leucocarpus



M. sect. Paradanthus・Simolus・Erythranthe






Berendtiella



Hemichaena




M. sect. Eunanus・Mimulastrum・Diplacus・Oenoe・Mimuloides







ムラサキサギゴケ(旧ゴマノハグサ科)
オオバミゾホオズキ(旧ゴマノハグサ科)

旧分類[編集]

新エングラー体系[編集]

東アジアと北アメリカに分布するハエドクソウ1属1種のみ(ハエドクソウとアメリカハエドクソウの2亜種)からなる単型科・属とする。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系では科として認めず、ハエドクソウをクマツヅラ科に入れる。

脚注[編集]

  1. ^ Phrymaceae in Angiosperm Phylogeny Website”. 2012年8月22日閲覧。
  2. ^ Paul M. Beardsley et al. (2004). “Patterns of evolution in western North American Mimulus (Phrymaceae)”. Am. J. Bot. 91 (3): 474-489. doi:10.3732/ajb.91.3.474. 
  3. ^ Paul M. Beardsley et al. (2002). “Redefining Phrymaceae: the placement of Mimulus, tribe Mimuleae, and Phryma”. Am. J. Bot. 89 (7): 1093-1102. doi:10.3732/ajb.89.7.1093.