シオガマギク属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シオガマギク属
Pedicularis chamissonis var. japonica 21.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
: シオガマギク属 Pedicularis
学名
Pedicularis L.
  • 本文参照

シオガマギク属(シオガマギクぞく、学名:Pedicularis、和名漢字表記:塩竈菊属)はゴマノハグサ科の一つ。新しいAPG植物分類体系ではハマウツボ科に分類されている。

特徴[編集]

半寄生多年草または一年草で、は直立、斜上または匍匐する。は対生、輪生または互生し、羽状に深裂するものが多い。花は葉腋ごとにつくか、茎先に総状または穂状につく。花冠は紅紫色、黄色または黄白色で、長い筒状となり、先は唇形となる。

北半球に広く分布し、約500種知られている。

日本のシオガマギク属の主なもの[編集]

セリバシオガマ節
シオガマギク節
  • シオガマギクPedicularis resupinata var. oppositifolia
    • シベリアシオガマ(Pedicularis resupinata var. resupinata
    • ミカワシオガマ(Pedicularis resupinata var. microphylla
    • トモエシオガマ(Pedicularis resupinata var. caespitosa
  • エゾシオガマPedicularis yezoensis
ヨツバシオガマ節
ハンカイシオガマ節
ミヤマシオガマ節

写真[編集]

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本III 合弁花類』(1981)平凡社