ミヤマシオガマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマシオガマ
Miyama-shiogama.jpg
早池峰山・2002年6月撮影
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
: シオガマギク属 Pedicularis
: ミヤマシオガマ P. apodochila
学名
Pedicularis apodochila
和名
ミヤマシオガマ(深山塩釜)

ミヤマシオガマ(深山塩釜)は、ゴマノハグサ科シオガマギク属の多年草の高山植物である。

北海道~中部地方以北の高山帯の砂礫地や乾いた草地に生える。高さは5~15cm程度。シダのような葉は、同属のヨツバシオガマタカネシオガマに似るが、小葉が更に細かく切れ込んでいることで区別ができる。花期は、7~8月。他の高山植物と比べ開花の時期が早い。茎の先端に長さ2~3cmの唇形で鮮やかな紅紫色の花を10個ほど固まってつける。