オオバコ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオバコ科
Plantago ovata form.jpg
インドオオバコ Plantago ovata
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
学名
Plantaginaceae Juss., nom. cons.[1]

12連、本文参照

オオバコ科 (Plantaginaceae) は双子葉植物

形態を基にした新エングラー体系及びクロンキスト体系では、オオバコなどを含む小さい科として扱われてきた。しかし分子系統学による研究で、これまでゴマノハグサ科とされてきた大きなグループが多系統であることが明らかになり、APG植物分類体系では、オオバコ科は、キンギョソウオオイヌノフグリジギタリスなどを含むような再編先の科となっている。

下位分類[編集]

ジギタリス(Digitalis purpurea)

APG IIIではシソ目に含まれ、12のに約90属1700種を含む。主な属には次のようなものがある[1]

これには旧分類のゴマノハグサ科アワゴケ科グロブラリア科スギナモ科などの種が含まれる。

また、APG IIで含まれていた種の一部は別系統とされ、アゼナ科として分離されている。

種数が特に多いVeronicaに基づいてVeronicaceae(もとは1782年に命名された)という名を用いる研究者もいるが、1789年以降の命名を優先する国際藻類・菌類・植物命名規約によりPlantaginaceae (1789) を用いるのが普通である。

系統[編集]

以下の系統樹はD. C. Albach et al. (2005)による[2]

オオバコ科


シブトルピア連 Sibthorpieae




オオアブノメ連 Gratioleae



アンゲロニア連 Angelonieae







ジャコウソウモドキ連 Cheloneae



キンギョソウ連 Antirrhineae






アワゴケ連 Callitricheae



ハナチョウジ連 Russelieae





グロブラリア連 Globularieae




サクマソウ連 Hemiphragmeae




ジギタリス連 Digitalideae




オオバコ連 Plantagineae



クワガタソウ連 Veroniceae









新エングラー体系及びクロンキスト体系[編集]

APG IIIにおけるオオバコ連(Plantagineae)と同一である。Plantagoオオバコ属)、BougueriaLittorellaの3属、約200種からなり、多くは草本で一部は小低木。形態的に特殊なため、独立のオオバコ目とされた。世界の温帯を中心に広く分布する。ロゼット状に叢生するものが多いが、ホソバオオバコ(P. indica)は地上茎があり枝分かれする。は小さく両性、放射相称で4数、長い茎の先に穂状または頭状の花序を作る。果実は横に割れるさく果が多く、一部は堅果(ゴマノハグサ科は縦に割れる)。

脚注[編集]

  1. ^ a b Plantaginaceae in GRIN”. 2012年8月16日閲覧。
  2. ^ D. C. Albach, H. M. Meudt, B. Oxelman (2005), Piecing together the “new” Plantaginaceae, 92, pp. 297-315, doi:10.3732/ajb.92.2.297