アゼナ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゼナ科(アゼトウガラシ科)
アゼナ ハナウリクサ(トレニア)
ハナウリクサ(トレニア)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物
階級なし : 真正双子葉類
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類I euasterids I
: シソ目 Lamiales
: アゼナ科 Linderniaceae
学名
Linderniaceae
Borsch, K.Müll. & Eb.Fisch. (2005) [1][2]

本文参照

アゼナ科またはアゼトウガラシ科 (Linderniaceae) は被子植物。従来の分類ではゴマノハグサ科に含められており、APG植物分類体系の第2版(2003年)までは他の多数の種とともにオオバコ科に移されたが、別系統とする意見もあり[3]APG III(2009年版)でアゼナ科として分割が認められた[4]。13属、約195種の草本からなり、世界に広く分布するが特に熱帯アメリカに多い。

[編集]

出典および参考文献[編集]

  1. ^ Missouri Botanical Garden. “Linderniaceae Borsch, K. Müll. & Eb. Fisch.”. Tropicos. 2012年7月21日閲覧。
  2. ^ International Organization for Plant Information (IOPI), “Plant Name Search Results” (HTML), International Plant Names Index英語版, http://www.ipni.org/ipni/idPlantNameSearch.do?id=77067979-1 2012年7月21日閲覧。 
  3. ^ Rahmanzadeh et al 2005による。この論文でLinderniaceaeの名称が正式に学名として記載された。
  4. ^ APG IIIの論文を参照

外部リンク[編集]