ツルウリクサ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツルウリクサ属
Torenia fournieri1.jpg
ハナウリクサ(トレニア)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: アゼナ科 Linderniaceae
: ツルウリクサ属 Torenia
学名
Torenia
L.[1]

ツルウリクサ属(学名:Toreniaトレニア属)はアゼナ科の属の1つ。分布の中心は熱帯アジア、アフリカ。

クロンキスト体系ではゴマノハグサ科APG IIではオオバコ科に分類されていた。

主な種[編集]

ハナウリクサ T. fournieri
インドシナ半島原産の一年生植物で、よく栽培されている。花期は6-9月頃。種子は非常に細かい。単に「トレニア」というと本種のことをいう場合が多い。スミレに似て夏に咲くため「ナツスミレ(夏菫)」とも。
ツルウリクサ T. concolor var. formosana
沖縄島北部及び宮古島に分布する。環境省レッドリストの絶滅危惧IA類。

脚注[編集]