オオイヌノフグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオイヌノフグリ
Veronica persica
Veronica persica
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類I euasterids I
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
: クワガタソウ連 Veroniceae
: クワガタソウ属 Veronica
亜属 : V. subg. Pocilla
: オオイヌノフグリ V. persica
学名
Veronica persica
Poir.[1]
シノニム
  • Pocilla persica (Poir.) Fourr.

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名: Veronica persica)は、オオバコ科[2]クワガタソウ属越年草路傍畦道などに見られる雑草。別名、瑠璃唐草天人唐草星の瞳

和名の「フグリ」とは陰嚢のことで、果実の形が雄犬のそれに似ていることからこの名前が付いた。ただし、これは近縁のイヌノフグリに対してつけられたもので、オオイヌノフグリの果実はそれほど似ていない。したがって、「イヌノフグリに似た大型の植物」の意である[3]

形態・生態[編集]

草丈10–20cm。

は1–2cmの卵円形で、鋸歯がある。

早春コバルトブルーをつける。まれに白い花をつけることがある[3]花弁は4枚。ただし、それぞれ大きさが少し異なるので、花は左右対称である。花の寿命は1日。

分布[編集]

ヨーロッパ原産[4]アジア日本を含む)、北アメリカ南アメリカオセアニアアフリカ外来種帰化植物)として定着している[4]。日本では全国に広がっており、最初に定着が確認されたのは1887年東京である[4]

近縁種[編集]

近縁種にイヌノフグリ、タチイヌノフグリフラサバソウなどがある。いずれもオオイヌノフグリより小型で、花ははるかに小さいので目立たない。なお、日本の同属にはクワガタソウ (Veronica miqueliana) の仲間があり、これは山地から高山に分布し、イヌノフグリを大きくしたような美しい花の野草である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Veronica persica Poir.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年4月10日閲覧。
  2. ^ 大場秀章編著 『植物分類表』 アボック社2009年、217頁。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 : handy & color illustrated book : 収録数550種超!』 秀和システム2006年ISBN 4-7980-1485-0
  4. ^ a b c 国立環境研究所. “オオイヌノフグリ”. 侵入生物データベース ―外来種/移入種/帰化動植物情報のポータルサイト―. 2012年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編著 『日本帰化植物写真図鑑 : Plant invader 600種』 全国農村教育協会2001年、303頁。ISBN 4-88137-085-5
  • 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、480頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]