オオイヌノフグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオイヌノフグリ
Veronica persica
Veronica persica
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類I euasterids I
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
: クワガタソウ連 Veroniceae
: クワガタソウ属 Veronica
亜属 : V. subg. Pocilla
: オオイヌノフグリ V. persica
学名
Veronica persica
Poir.[1]
シノニム
  • Pocilla persica (Poir.) Fourr.

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名: Veronica persica)は、オオバコ科[2]クワガタソウ属越年草。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。別名、瑠璃唐草天人唐草星の瞳

和名はイヌノフグリに似てそれより大きいために付けられた。フグリとは陰嚢のことで、イヌノフグリの果実の形が雄犬の陰嚢に似ていることからこの名前が付いた。オオイヌノフグリの果実はハート型で、フグリに似てはいない。[3][4]

形態・生態[編集]

秋に芽を出して他の植物が繁茂しない冬に横に広がって育ち、早春に多数のをつけ、春の終わりには枯れてしまう。夏の間は種子で過ごす。寒さに耐えるため、細胞内の糖濃度を高める機能を持ち、葉と茎に生える短い毛で雪と霜を遠ざけて保温する[4]

草丈10–20cm。は1–2cmの卵円形で、鋸歯がある。

花弁は4枚。ただし、それぞれ大きさが少し異なるので、花は左右対称である。色はコバルトブルーだが、まれに白い花をつけることがある[3]。 花は太陽の光によって開閉し、1日で落花するが[5]、2日めにもう一度開くものもある[4]。花の中心にある蜜でハチハナアブチョウなどの虫を誘う虫媒花だが、自家受粉も可能で、自家受粉でよく見られる近交弱勢はないか非常に小さい[6]

自然群落の5個体で、1個体あたり平均545個の種子が生産されたという調査結果がある[7]

分布[編集]

ヨーロッパ原産[8]アジア日本を含む)、北アメリカ南アメリカオセアニアアフリカ外来種帰化植物)として定着している[8]

日本に入ったのは明治初年と推定され、1884年あるいは1887年に東京で見られてから急速に拡大し、1919年には全国的にありふれた草になった[9]

近縁種[編集]

近縁種にイヌノフグリ、タチイヌノフグリフラサバソウなどがある。いずれもオオイヌノフグリより小型で、花ははるかに小さいので目立たない。なお、日本の同属にはクワガタソウ (Veronica miqueliana) の仲間があり、これは山地から高山に分布し、イヌノフグリを大きくしたような美しい花の野草である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Veronica persica Poir.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年4月10日閲覧。
  2. ^ 大場秀章編著 『植物分類表』 アボック社2009年、217頁。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 : handy & color illustrated book : 収録数550種超!』 秀和システム2006年ISBN 4-7980-1485-0
  4. ^ a b c 多田多恵子「早春の青い花の秘めた知恵」。
  5. ^ 鶴内孝之「フラサバソウとオオイヌノフグリの生殖生態」85-86頁。
  6. ^ 鶴内孝之「フラサバソウトオオイヌノフグリの生殖生態」85-89頁。
  7. ^ 鶴内孝之「フラサバソウとオオイヌノフグリの生殖生態」87頁。
  8. ^ a b 国立環境研究所. “オオイヌノフグリ”. 侵入生物データベース ―外来種/移入種/帰化動植物情報のポータルサイト―. 2012年8月16日閲覧。
  9. ^ 鶴打孝之「フラサバソウとオオイヌノフグリの生殖生態」85頁。1887年とするのは国立環境研究所『侵入生物データベース』「オオイヌノフグリ」。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]