護王神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
護王神社
Go-oh shrine01.JPG
所在地 京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
位置 北緯35度01分20秒
東経135度45分31秒
主祭神 和気清麻呂公
和気広虫姫
社格 別格官幣社・別表神社
例祭 4月4日
テンプレートを表示
和気清麻呂像、護王神社
霊猪の手水舎

護王神社(ごおうじんじゃ)は、京都市上京区にある神社である。旧社格は別格官幣社。別称子育明神

和気清麻呂と姉の和気広虫を主祭神とし、藤原百川路豊永を配祀する。

歴史[編集]

護王神社は、和気氏の創建による高雄神護寺境内に作られた、和気清麻呂を祀った廟(護王善神堂)に始まる。正確な創建の年代は不詳である。

和気清麻呂と姉の広虫は、宇佐八幡宮神託事件の際に流刑に処せられながらも皇統を守った。孝明天皇はその功績を讃え、嘉永4年(1851年)、和気清麻呂に護王大明神の神号と正一位という最高位の神階を授けた。明治7年(1874年)、護王善神堂を神社として護王神社に改称し、別格官幣社に列格した。明治19年(1886年)、明治天皇の勅命により京都御苑蛤御門前付近にあった公家中院家の邸宅跡(現在地)に遷座された。

大正4年(1915年)、大正天皇の即位の際に広虫が合祀された。広虫が孤児救済事業で知られることから、当社は子育明神と呼ばれるようになった。

護王神社と猪[編集]

和気清麻呂が宇佐へ配流の際に、道鏡から送り込まれた刺客に襲われたのを、突如現われた300頭のによって難事を救われたとの伝説から、明治23年(1890年)から狛犬の代わりに「狛猪」が置かれており、「いのしし神社」の俗称もある。そのため年の参拝者は例年よりも増加する傾向がある。境内には狛猪のほかにも多くの猪に因むものがある。

日本銀行券としてかつて発行されていた10円紙幣は、1890年から1945年まで発行されたものは一貫して和気清麻呂と護王神社が描かれたが、そのうち1890年に発行されたものは表面の枠模様の中に8頭の小さな猪が描かれ、さらに1899年に発行されたものは裏面に大きな猪が1頭描かれた。10円紙幣はその後1915年発行のものから猪が描かれなくなったが、その後も含めて和気清麻呂の肖像画が描かれた10円紙幣は長らく「いのしし」と俗称された。

関連図書[編集]

関連項目[編集]

  • 和気神社-和気清麻呂など和気氏一族を祀る和気氏の氏神。和気清麻呂の出身地、岡山県和気郡和気町に鎮座する。

外部リンク[編集]