ヤマザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマザクラ
Prunus jamasakura1.jpg
ヤマザクラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Cerasus
: ヤマザクラ C. jamasakura
学名
Cerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba, 1992
和名
ヤマザクラ(山桜)
ソメイヨシノのように満開を過ぎたころに葉が出るのではなく、開花と同時に赤茶けた若葉が出る
個体変異種の一つのヒロシマエバヤマザクラ。花弁の数が倍以上ある

ヤマザクラ(山桜、学名:Cerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba, 1992)(Synonym : Prunus jamasakura Sieb. ex Koidz., 1911)[1]バラ科サクラ属の落葉高木。日本の野生の桜の代表的な種で、和歌にも数多く詠まれている。サクラの仲間では寿命が長く大木になる。ヤマザクラを原種として品種改良された種も多い。多くの場合葉芽と花が同時に展開する(開く)ので、これがソメイヨシノと区別する大きな特徴となる。日本台湾韓国北朝鮮に分布。開花時期は3-4月頃。

分類[編集]

サクラの属名は日本では長いことPrunus、和名ではスモモ属とする分類が主流だったが、昨今の研究ではCerasus(サクラ属)とするものがある。日本では前者、分けてもサクラ亜属(subg. Cerasus)とするものが多かったが、近年は後者が増えてきているしかしCerasusとすることで決着した訳ではない。


概説[編集]

ヤマザクラは同一地域の個体群内でも個体変異が多く、開花時期、花つき、葉と花の開く時期、の色の濃淡と新芽の色、樹の形など様々な変異がある。

同じ場所に育つ個体でも一週間程度の開花時期のずれがあるため、同じサクラでもソメイヨシノと異なり、短期間の開花時期に集中して花見をする必要はなく、じっくりと観察できる。ソメイヨシノの植栽の普及する前の花見文化はむしろ、このように長期間にわたって散発的に行われるものであった。

新芽から展開しかけの若い葉の色は特に変異が大きく、赤紫色、褐色、黄緑色、緑色などがあり、裏面が白色を帯びる。 花弁は5枚で、色は一般的に白色、淡紅色だが、淡紅紫色や先端の色が濃いものなど変化も見られる。樹皮は暗褐色または暗灰色。

家具の材料としても人気が高い。樹皮は樺細工などに利用される。

吉野の桜」とは、本来この山桜を指すものであり、日本の象徴とされた桜でもある。長寿な種であり、尾所には樹齢500年を越えるものが見られる。

地方自治体の木[編集]

ギャラリー[編集]

ヤマザクラ群[編集]

ヤマザクラに類する品種の桜をヤマザクラ群と呼ぶ。オオシマザクラやオオヤマザクラ、カスミザクラなどが有名である。

野生種[編集]

  • アサギリザクラ(朝霧桜・毛山桜)
  • ウスガサネオオシマ(薄重大島)
  • オオシマザクラ(大島桜) - カスミザクラの島嶼種もしくはヤマザクラの海岸型。
  • オオヤマザクラ(大山桜・蝦夷山桜・紅山桜)
  • カスミザクラ(霞桜)
  • カタオカザクラ(片丘桜) - カスミザクラの幼形開花型。ヤマザクラに戻ってしまうことが多い。
  • キビザクラ(吉備桜)
  • ケエゾヤマザクラ(毛蝦夷山桜)
  • シオカゼザクラ(潮風桜) - オオシマザクラの一型。
  • ツクシザクラ(筑紫桜・筑紫山桜)
  • ハツユキザクラ(初雪桜)
  • ヤマザクラ (山桜)

園芸品種[編集]

  • アオバ(青葉)
  • アカツキザクラ(暁桜・霞蝦夷山桜)
  • アカミオオシマ(赤実大島)
  • イズザクラ(伊豆桜)
  • イチハラトラノオ(市原虎の尾)
  • イボザクラ(伊保桜・井保桜)
  • イヨウスズミ(伊予薄墨)
  • ウンリュウオオシマ(雲竜大島)
  • オウシュウサトザクラ(奥州里桜)
  • カンザキオオシマ(寒咲大島)
  • キクシダレ(菊枝垂)
  • ギジョウジギジョザクラ(祇王寺祇女桜)
  • キヌガサ(衣笠)
  • キリフリザクラ
  • クチナシザクラ(梔子桜)
  • ケタノシロキクザクラ(気多の白菊桜)
  • ケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷・兼六熊谷)
  • コウホクニオイ(江北匂)
  • ゴザノマニオイ(御座の間匂)
  • コトヒラ(琴平)
  • コノハナザクラ(木の花桜)
  • コンゴウザクラ(金剛桜・源氏車・小督) - 国の天然記念物。
  • サノザクラ(佐野桜)
  • シダレオオヤマザクラ(枝垂大山桜)
  • ジョウニオイ(上匂)
  • シンスミゾメ(新墨染)
  • スルガダイニオイ(駿河台匂)
  • ゼンショウジキクザクラ(善正寺菊桜)
  • センダイヤ(仙台屋)
  • ソウドウザクラ(宗堂桜) 2種がある。
  • タイザンフクン(泰山府君)
  • ダイリノサクラ(内裏の桜)
  • タカネオオヤマザクラ(高嶺大山桜)
  • タキニオイ(滝匂)
  • ナラノヤエザクラ(奈良の八重桜・奈良八重桜)
  • ニドザクラ(二度桜)
  • ノナカノサクラ(野中の桜)
  • ハチスカザクラ(蜂須賀桜)- 沖縄系カンヒザクラとヤマザクラの一代交雑種カンザクラ
  • ヒウチダニキクザクラ(火打谷菊桜)
  • ヒロシマエバヤマザクラ (広島江波山桜)
  • ヒヨシザクラ(日吉桜)
  • ベニタマニシキ(紅玉錦・松前紅玉錦)
  • ベニナンデン(紅南殿)
  • ホソカワニオイ(細川匂)
  • マツマエウスベニココノエ(松前薄紅九重)
  • ミナカミ(水上)
  • ミョウジョウ(明星・松前明星)
  • ヤエノオオシマザクラ(八重の大島桜)
  • ヤエノカスミザクラ(八重の霞桜)
  • ヤエベニオオシマ(八重紅大島)
  • ヤツブサザクラ(八房桜)
  • ヤマゴシムラサキ(山越紫)
  • ヨウロウザクラ(養老桜)
  • ライコウジキクザクラ(来迎寺菊桜)
  • ワカキノサクラ(稚木の桜) - ヤマザクラの幼形開花型。ヤマザクラに戻ってしまうことが多い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:ヤマザクラ