王立園芸協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王立園芸協会 (-おうりつえんげいきょうかい、Royal Horticultural Society、略称RHS)は、1804年にイギリスロンドンにおいて設立されたロンドン園芸協会(Horticultural Society of London)を前身とする団体。1861年、王配アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータによってロイヤル・チャーターを授けられたことから現在の名称となった。イギリスのみならずヨーロッパにおいてガーデニング園芸の奨励を目的とする慈善団体である。一連のフラワー・ショーの開催、多くのモデル・ガーデンの一般公開を通じて活動を行っている。協会は2004年に創立200周年を迎えた。

王立園芸協会の歴史[編集]

創設者[編集]

イギリスの園芸協会創設は、1800年にジョン・ウェッジウッド(ジョサイア・ウェッジウッドの子)によって勧められた。彼の目的は公平でつつましいものだった。彼は協会員の園芸活動とその発見に関する報告の発表の機会を彼らに与え、協会員に議論を促すため定期的な会議を開いて、成果を公にしたかったのである。協会はガーデニング業績に対して賞も授与した。

彼は友人と構想を話し合ったが、7人の会員で初の会議が開催されたのは4年後の1804年3月7日、ピカデリーのハトチャーズ書店においてであった。ウェッジウッドが座長を務めた。出席したのはウィリアム・タウンゼント・エイトン(父ウィリアム・エイトンと同様にキュー・ガーデンズの監督を務めた)、ジョセフ・バンクス王立協会総裁)、育苗家ジェームズ・ディクソン、ウィリアム・フォーサイスセント・ジェームズ宮殿ケンジントン宮殿の各庭園の監督)、チャールズ・フランシス・グレヴィル(海軍卿)、リチャード・アントニー・ソールズベリ(新たな協会の参事となった)であった。

バンクスは、親しい友人のトーマス・アンドルー・ナイトに会員となるよう誘った。フォーサイスが開発した、傷ついた樹木のための膏薬についてナイトと確執が進行中であるにもかかわらず、申し出は受け入れられた。ナイトは1811年から1838年まで協会の総裁を務め、果樹栽培の実用的なプログラムを含む目的と、協会の志を発展させた。

王立園芸協会のガーデン[編集]

ハーロウ・カー・ガーデン

RHSはイングランドにその名を冠したガーデンを4箇所所有している。ウィズレー・ガーデン(サリー)、ローズムーア・ガーデン(デヴォン)、ハイド・ホール・ガーデン(エセックス)、ハーロウ・カー・ガーデン(ノース・ヨークシャー)である。

RHSの初めてのガーデンは1818年から1822年までケンジントンにあった。1821年、協会はチズウィックにあるデヴォンシャー公の所領を借りて実験的な庭園をつくった。1823年、この庭園にジョセフ・パクストンが雇われた。1827年から協会はチズウィック・ガーデンでフェト(en:Fête)を開き、1833年からは花と野菜の競技部門を見せ始めた。1861年、RHSは新たなガーデンをケンジントンで作り始めた(現在サイエンス・ミュージアムインペリアル・カレッジ・ロンドン王立音楽大学がある場所である)。しかし1888年にこの場所から退去した。チズウィック・ガーデンは、トーマス・ハンベリ卿がウィズレーの庭園を買い上げRHSに寄贈した、1903年から1904年まで維持された。

ウィズレー・ガーデンはしたがって協会最古の庭園である。次に、1988年にレディー・アン・ベリーによってローズムーア・ガーデンが寄贈された。ハイド・ホール・ガーデンは1993年に、所有者のロビンソン夫妻がRHSに寄贈した。最も新しい庭園はハーロウ・カー・ガーデンで、2001年にRHSとノーザン園芸協会の合併によって獲得された。この庭園はノーザン園芸協会の試験場で、1949年に協会が買い上げてから公開されてきた。

フラワー・ショー[編集]

ローレンス・ホールでのロンドン・フラワー・ショー

RHSのフラワー・ショーで最も有名なのは毎年開催されるチェルシー・フラワー・ショーである。しかし他にもロンドン・フラワー・ショー(現在年に8回)、毎年開催されるハンプトン・コート宮殿フラワー・ショー、1999年からチェシャーで開催されているタットン・パーク・フラワー・ショーがある。2005年からカーディフで毎年スプリング・フラワー・ショーが開催されている。RHSはマルヴァーンで春秋に開催されるショー、国立バーミンガム・エキシビジョン・センターで生放送されるBBCのテレビ番組ガーデナーズ・ワールドにも密接に関わっている。

ブリテン・イン・ブルーム[編集]

RHSは2002年にブリテン・イン・ブルーム(en:Britain in Bloom、自治体単位で応募する園芸競技会。自治体の規模別に部門が分かれる)の運営を引き継いだ。2010年にRHSはコミュニティの園芸全体を奨励するため、'It's your neighbourhood'キャンペーン(あなたのお隣さん)を企画した。

メダルと賞[編集]

協会は園芸分野において特別認定されるのにふさわしいと会議でみなされた人物に対してヴィクトリア名誉メダルを授与している。その他のメダルは、協会に在籍した著名な会員にちなんでバンクシャン・メダル、ナイティアン・メダル、リンドレー・メダルが贈られる。フラワー・ショーにおける優れた展示には、金メダル、銀メダル、銅メダルが贈られる。

ジェームズ・ヴィッチ記念メダルは、科学の進歩と改良、園芸の実践に対する顕著な貢献を行った人物に国籍を問わず毎年贈られる。

ガーデン・メリット賞(AGM)は、RHSの該当する委員会によって評価期間後に栽培植物に与えられる賞である。賞は毎年植物試験の後に贈られる。

その他、Associate of Honourおよびthe Honorary Fellowshipの賞がある[1]

RHSのライブラリー[編集]

RHSは、ロンドン、ヴィンセント・スクエア80番地の本部の中にある、ジョン・リンドレーの収集本を基にしたリンドレー・ライブラリーの保管者である。

出版物[編集]

雑誌[編集]

協会は1866年から雑誌を発行している。1975年からザ・ガーデン誌という名称となり、現在月1回発行されている。その他ザ・プランツマン誌、季刊誌のザ・オーチャード・レビュー誌、 園芸分類学のため年1回発行されるHanburyana誌がある。

植物の記録者[編集]

1955年から植物のための国際登録局が設置されて以降、RHSは収穫植物の確かなグループ分けのため記録者の役割を担うようになった。現在、9つのカテゴリーに分けられている。コニファークレマチススイセンダリアデルフィニウムユリランツツジである。ランのハイブリッド種を中心にリスト化されたThe International Orchid Registerが発行されている。

海外支部[編集]

1987年、日本にて英国王立園芸協会日本支部(RHSJ)を設立。2013年現在、RHS唯一の海外支部。雑誌『RHSJ』を発行しており、『ザ・ガーデン』記事の和訳および独自制作の記事を掲載。

参照[編集]

  1. ^ The Garden, August 2009, page 512 (Royal Horticultural Society)

外部リンク[編集]