サクラ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サクラ属
Prunus
Washington C D.C. Tidal Basin cherry trees.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: サクラ属 Prunus
学名
Cerasus L.
亜属
  • モモ亜属 Subg. Amygdalus
  • サクラ亜属 Subg. Cerasus
  • ニワウメ亜属 Subg. Lithocerasus
  • ウワミズザクラ亜属 Subg. Padus
  • バクチノキ亜属 Subg. Lauro-cerasus

サクラ属 (Prunus, Cerasus) は、植物界バラ目バラ科の属である。

広義のサクラ属 Prunus は、広義のスモモ属と同じものである。以下では広義のサクラ属/スモモ属について述べる。

特徴[編集]

樹木になり、5弁の花をつける。花はウメのように1つずつつくもの、サクラのように短い軸から数個を房状につけるもの、ウワミズザクラなど小さい花を穂のようにつけるものなどがある。果実は核果で、外側(外果皮)は柔らかくて、中心に固い種子(正しくは内果皮=核に包まれた種子)が1粒はいる。落葉樹が多いが、バクチノキリンボクなどの常緑樹もある。

サクラウメモモプラムアーモンド等の果樹花木が含まれ、経済的にも重要。

分類[編集]

サクラ属は以下の亜属に分かれる。亜属を別属として分けることもある。なお、これらを2-3属に分けるような分類はまずなく、全てを1属とするか全ての亜属を別属とするかである。

ただし、サクラ亜属以外は単系統性が疑わしく[1]、将来的な再編が予想される。

画像[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]