ウワミズザクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウワミズザクラ
P grayana2.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: ウワミズザクラ属 Padus
またはサクラ属 Prunus
: ウワミズザクラ Prunus grayana
学名
Padus grayana
またはPrunus grayana
和名
波波迦(ハハカ)、金剛桜(コンゴウザクラ)、ナタヅカ
英名
Japanese Bird Cherry
ウワミズザクラの未熟な実

ウワミズザクラ(上溝桜、Padus grayana)は、バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木。 和名は、古代の亀卜(亀甲占い)で溝を彫った板(波波迦)に使われた事に由来する。

よく似たイヌザクラとは、花序枝に葉がつく事などで区別できる。

  • 分布:北海道西南と本州四国九州山野に自生し、日照と小川沿いなど湿潤した環境を好む。
  • 樹高:約10~15m。
  • 樹皮:灰~褐色。
  • 枝 :小枝の多くは落葉後に落ちる。
  • :長さ6~9cm、幅3~5cmで楕円形で先が急に細くなり、縁には鋸歯がある。
  • :5月(北海道では6月)頃。長さ10cmほどの白い総状花序雄蘂が目立ち、ブラシのように見える。
  • 果実:直径約8mmの卵円形の核果を付け、初夏にかけて赤から黒く熟す。
  • 利用:材は軽くねばり強い事から建材のほか、彫刻細工、版木、道具の柄などに利用される。香りのよい、若い花穂と未熟の実を塩漬にした杏仁子(あんにんご)[1]が、新潟県を中心に食用とされる。また、黒く熟した実は果実酒に使われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p23 昭和33年12月25日発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]