土佐光起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
源氏物語絵巻、二十帖『朝顔』、バーク・コレクションより

土佐光起(とさ みつおき、元和3年10月23日1617年11月21日)-元禄4年9月25日1691年11月14日))は、江戸時代土佐派を代表する絵師和泉国出身。父は土佐光則。本姓は藤原、幼名は藤満丸。住吉如慶は父の門人(叔父説あり)。子は土佐光成土佐光親

略伝[編集]

寛永11年(1634年)18歳の時父に従い京都に移り、承応3年(1654年)3月10日、38歳で従五位下左近衛将監に叙され、この時、永禄12年(1569年土佐光元の戦死以来失われた宮廷の絵所預職に85年ぶりに復帰したと考えられる。この職を取り戻すのは土佐家の悲願であり、光起を「土佐家中興の祖」と呼ぶのもこれ故である。同年からの京都御所造営では如慶と共に参加し、襖絵、杉戸絵を制作した。後水尾天皇の覚えが厚く、光起は改めて自邸に絵所の称号を勅許され、「勅許画院」の印象を用いるのを許可された。のちの延宝9年(1681年)息子光成に宮廷絵所預の地位を譲り、5月29日法橋となり剃髪、法名を常昭とし、春可軒と号す。貞享2年(1685年)4月12日には法眼に叙した。元禄4年(1691年)京都で没。享年75。法名は寿光院霊誉常照居士。墓所は知恩寺。容貌は祖父土佐光吉に似ていたといい、子の光成による肖像画が残る(京都国立博物館蔵、画像)。

大和絵の主流だった土佐派にあきたらず、ライバルの狩野派宋元画を学び、従来の温雅なやまと絵に克明な写生描法を取り入れ、江戸時代の土佐派様式を確立した。特に南宋院体画李安忠の「鶉図」(国宝。現在は根津美術館蔵)を父譲りの細密描法を用いてしばしば描き、後の土佐派の絵師たちに描き継がれている。江戸中期の国学者、有職故実家である橋本経亮は著書『梅窓筆記』(享和元年(1801年))で、光起の鶉の絵に猫が飛びかかったという伝承を記している。また画題の面でも、風俗画や草木図などそれまで土佐派が描かなかった題材を取り上げ、清新な画風を作り出し、土佐派の再興に成功した。

『本朝画法大全』[編集]

死の前年にあたる元禄3年(1690年)に『本朝画法大全』を書き残す。この中で光起は、この本はそれまで口伝であった土佐家伝来の秘伝を誤って伝えられるのを恐れて著したが、決して人に渡してはならないと堅く戒めている。内容は中国の画論にしばしば見かける、画の六法、三品、十二忌といった説明から、様々な技法、筆や顔料の事などきわめて実践的な記述が多い。光起は土佐派の特質を「異国(中国)の画は文の如く、本朝(日本)の画はの如し」と評している。また、狩野派を鋭く批判する声が聞かれる一方で、粉本主義が明白に打ち出されており、同時代の狩野派と類似した体質が指摘できる。

代表作[編集]

源氏物語絵巻、四十二帖『匂宮』、バーク・コレクション
源氏物語絵巻、五帖『若紫』、バーク・コレクション
上巻は三村明神この地に鎮座した由来、中巻は行基の行状、下巻は空海空也と当社との関係を描く。特に中巻は、行基の誕生から幼少児の逸話、および剃髪後の布教活動や社会事業に挺身する姿、さらに三村明神の神託を受け薬師を本尊とした神宮寺を建立する次第など、実質行基の行状絵伝とも言うべき内容となっている。奥書によれば、近衛基煕を施主に天正年間に焼けた縁起の断簡をもとに光起が新たに写したと記される。堺市博物館に白描の下絵が残る

参考資料[編集]