寂蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寂蓮(歌川国芳画)

寂蓮(じゃくれん、1139年保延5年)? - 1202年8月9日建仁2年7月20日))は、平安時代末から鎌倉時代初期にかけての歌人僧侶である。俗名は藤原定長。

略歴[編集]

俊海の子として生まれ、1150年(久安6年)頃叔父である藤原俊成の養子となり、長じて従五位上中務少輔に至る。30歳代で出家歌道に精進した。御子左家の中心歌人として活躍し、「六百番歌合」での顕昭との「独鈷鎌首論争」は有名である。1201年(建仁元年)和歌所寄人となり、『新古今和歌集』の撰者となるが、完成を待たず翌1202年(建仁2年)没した。

千載和歌集』以下の勅撰和歌集に、117首入集。家集に『寂蓮法師集』がある。

評価[編集]

後鳥羽院は、後鳥羽院御口伝において、「寂連は、なをざりならず歌詠みし物なり」、「折につけて、きと歌詠み、連歌し、ないし狂歌までも、にはかの事に、故あるやうに詠みし方、真実の堪能と見えき」と様々な才能を絶賛している。また、鴨長明無名抄の中で、世間では藤原隆信とは一対に評価されているが、六百番歌合の際、寂蓮は出家していて、時間的に余裕が出来ていたので、「たとしへなく勝りたりければ、其時より寂蓮左右なしといふ事になりにき」と評価が上がったとし、また、三体和歌において、長明自身の出詠歌を事前に見せた時に、同じ様な「高間の桜」を詠出していたが、文句も言わず「いと有難き心也かし」と人間性も評価している。 後の世において、新古今和歌集秋歌上の中の結句が「秋の夕暮」の三首並んだ、西行、定家と寂蓮の「さびしさは」を三夕と称し、茶具の銘などとしている。

作品[編集]

  • 87番 村雨の 露も未だ干ぬ 槇の葉に 霧立ち昇る 秋の夕暮 (『新古今和歌集』、老若五十首歌合)
  • さびしさは その色としも なかりけり まき立つ山の 秋の夕暮 (新古今和歌集)
  • 葛城や 高間のさくら 咲きにけり 立田のおくに かかるしら雲 (三体和歌 新古今和歌集) 

書家として[編集]

書家としても名があり、現存する書跡には以下のものがある。

  • 一品経和歌懐紙
  • 熊野懐紙

平安時代から鎌倉時代初期の古筆類は、伝称筆者は多いものの確実なものが少ない中で、この2つの書跡はともに署名があり、筆者の確実な自筆詠草である。

系譜[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]