フリュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
17世紀 オランダのフリュート

フリュートフルート英語:flute)またはフライトオランダ語:fluit、英語:fluyt)とは、輸送用に設計された帆船のこと。

16世紀オランダで、積載スペースとクルーの活動効率を最大限にし、海外での輸送を容易にするよう設計された。国際貿易の競争力強化のために長く使用され、17世紀18世紀にはオランダ東インド会社でも使用された。フリュートはオランダ本国に限らず、広く人気を得ていた。

構造[編集]

標準的な大きさは、重さ200~300t、長さ80フィート。船底に比して甲板が狭い洋ナシ形の船体を持ち、喫水線の上の狭いデッキには大きな貨物室を持っている。これはデンマークによってエーレスンド海峡で徴収される、メインデッキの面積に比例して高くなる税金に対抗する策であった。2本または3本のマスト横帆が張られており、帆装形式はブリッグシップ型であった。外観は初期のガレオン船によく似ていたが、より速度が出るようにガレオン船よりマストは非常に高くつくられた。

武装として12~15門の砲門を持っていたが、それでもまだ不十分であり、海賊の格好の標的とされた。末期の標準的なフリュートは、積載スペースを最大にするために軍備を最小限にするか、あるいは完全に除いてしまって貨物を運ぶための滑車を設置していた。バルト海では、武装したフリュートが護衛船として用いられることもあった。