コンティキ号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンティキ・ミュージアムにて
コンティキ号船内

コンティキ号(コンティキごう、Kon-Tiki)は、ノルウェー人類学者トール・ヘイエルダールらによって1947年に建造されたマストキャビンを持つ大型の

概要[編集]

南太平洋の諸島に住むポリネシア人起源について南米インカ文明とポリネシア文明との相似点が多いことから、ポリネシア人の祖先が南米から海を渡って渡来したアメリカ・インディアンである、という説があった。

ヘイエルダールらはこの説を立証するため、インカを征服したスペイン人たちが描いた図面を元にして、バルサマングローブなど、古代でも入手が容易な材料のみを用いて一隻のいかだを建造した。図面に忠実に製作されたが、航海の終り頃まで機能がわからないパーツもあったとヘイエルダールは語っている。なお食料は軍事用のレーションも積み込んでいたし[1]航法機器やボートなど現代(1940年代)のものも使用していた。 またアマチュア無線により、ノルウェーを含む世界各国との交信を行っていた[1]

下記の航海によって何の動力も持たない筏が、風と海流に流されてソサエティ諸島などの南太平洋の島々に漂着できる可能性を実証し、ポリネシア人の祖先がアメリカ・インディアンである「可能性」を証明した[2]。船名はインカ帝国太陽神ビラコチャの別名から命名された。

航海[編集]

1947年4月28日ペルーカヤオ港より漂流を開始した。コンティキ号はフンボルト海流にのって、ヘイエルダールらの予想通りに西進し、102日後の1947年8月7日ツアモツ諸島ラロイア環礁で座礁した。航海した距離は4,300マイル (8千km弱) に及ぶ。

その他[編集]

コンティキ号は現在ヘイエルダールの母国ノルウェーオスロにあるコンティキ・ミュージアム(Kon-Tiki Museum)に展示されている。

ヘイエルダールは1948年に漂流航海の模様をまとめたコンティキ号探検記を発表した。

ヘイエルダールたち6名のクルーとコンティキ号の航海を描いた長編ドキュメンタリー映画『Kon-Tiki』英語版は、1951年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。

クルー[編集]

  • トール・ヘイエルダール(Thor Heyerdahl)
  • Erik Hesselberg
  • Bengt Danielsson
  • Knut Haugland
  • Torstein Raaby
  • Herman Watzinger

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Most Unusual Expedition” Ever to Rely on Amateur Radio Ended 67 Years Ago (ARRL Amateur Radio News 08/07/2014)参照。 コールサインのLI2Bから、無線局の免許はノルウェー政府が付与したものであることが判る。 なおコンティキ号のような「船舶」の場合、少なくとも当時はプロ用の無線装備を求められることは無かった。
  2. ^ ただし、その後の研究やDNA調査等により、ポリネシア人はアジアを起源として移民した人々の子孫であることが定説となっており、ヘイエルダールが証明しようとした説は誤っていた。「トール・ヘイエルダール」を参照。

外部リンク[編集]