リングワンダリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リングワンダリング: ring wandering )またはリングワンデルング: Ringwanderung)、輪形彷徨(りんけいほうこう)、環形彷徨(かんけいほうこう)は、人が方向感覚を失い、無意識の内にを描くように同一地点を彷徨い歩く事を言う。

概要[編集]

リングワンダリングとは原文の通り円形に彷徨い歩くことを言う。

方向感覚を失った際に、の利きが歩行の偏りを生じ、進行方向が常に同じ向きに修正される為に起こる。ランドマークが無いなど目的物が目に見えない時、視界を奪われた時、方向感官を地理的条件以外で失った時、この現象は加速される。

これは平坦な場所で、吹雪、闇夜などにより視界を失う事で促進され、砂漠平野平原雪山登山での遭難の原因ともなっている。原因としての利きの他、道中負った障害、骨格の歪みや左右の脚の長さの違い、靴が合わない、個人の癖などが挙げられている。

日本では西欧と異なり広く平坦な場所が少なく輪形を形成したと言う報告例は少ないが、輪形を形成しなくとも、日本では山林が多く見晴らしが悪い状態が続き易い為に道に迷う原因となる時がある。

この現象の事を「狐狸に化かされた」と呼んでいた地域や時代もある。山歩きに限らず、何か目標を失う事があったら、無理せず停滞して視界が晴れるのを待つのが良いとされる。

文芸[編集]

とこしなへに跛の盲が大なる円 を描いて沙漠をさまよふ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]