アメリカ合衆国のカトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国のカトリックではアメリカ合衆国におけるローマ・カトリック教会について記述する。

カトリック人口[編集]

民族別に見ると、アイルランド系イタリア系ポーランド系ヒスパニックに信徒は多い。近年ではメキシコなどからの不法移民が増加し、それに比例してカトリック信徒も増加した。現在では全アメリカ人の約22%がカトリックであると申告している。

歴史[編集]

アメリカ大陸ヨーロッパ人が到着した時から、アイルランド人ドイツ人も移民しており、その中には一定のカトリック信徒が居た。また、現在のカリフォルニア州やその周辺地域はスペイン帝国が占領していたため、カトリックの教会が沢山建設された(カリフォルニア・ミッション)。地名にも、例えばサンフランシスコサンノゼのように、スペイン・カトリックの余波が見て取れる。ところが白人全体から見れば彼らは少数派であり、プロテスタントの人々からは嫌われる存在となった。ノウ・ナッシング運動やネイティヴィズム運動が盛んになり、カトリック信徒は陰に陽に嫌がらせを受ける様になった。

1928年アメリカ合衆国大統領選挙には、主要政党の大統領候補に初めてのアル・スミス (ニューヨーク州知事)が指名された。

この傾向が改まるのは、第二次世界大戦が終わった後になってからだった。1956年の大統領選挙の際にジョン・F・ケネディ民主党の公認候補となり、その四年後に大統領になった。フルトン・J・シーン神父がテレビ伝道を始めた。大衆文化の中でも、映画『天使にラブ・ソングを…』シリーズやマーティン・シーン主演のドラマ『ザ・ホワイトハウス』でカトリック大統領が登場するなど、カトリックに対するプロテスタント側の嫌悪感は、嘗てと比べると極めて小さくなった。

著名なカトリック聖堂[編集]

中央政界におけるカトリック信徒[編集]

芸能人、文化人は割愛した。

関連項目[編集]