ジョニーが凱旋するとき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1898録音

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ジョニーが凱旋するとき』(When Johnny Comes Marching Home)は、アイルランド出身の音楽家パトリック・ギルモアによるアメリカ民謡または行進曲。『ジョニーが帰るとき』ともいわれる。

概要[編集]

19世紀後半に勃発した南北戦争の北軍の帰還兵を迎えるために、パトリック・ギルモアがアイルランドの古い反戦歌『あのジョニーはもういない』(Johnny I Hardly Knew Ye)のメロディーに新しい歌詞をつけたものとされている。一般に行進曲は勇ましく威勢のよいものが多いが、この曲は元来が反戦歌であり、悲壮感の漂う曲調となっている。

歌詞[編集]

When Johnny comes marching home again
Hurrah! Hurrah!
We'll give him a hearty welcome then
Hurrah! Hurrah!
The men will cheer and the boys will shout
The ladies they will all turn out
And we'll all feel gay
When Johnny comes marching home.

The old church bell will peal with joy
Hurrah! Hurrah!
To welcome home our darling boy,
Hurrah! Hurrah!
The village lads and lassies say
With roses they will strew the way,
And we'll all feel gay
When Johnny comes marching home.

Get ready for the Jubilee,
Hurrah! Hurrah!
We'll give the hero three times three,
Hurrah! Hurrah!
The laurel wreath is ready now
To place upon his loyal brow
And we'll all feel gay
When Johnny comes marching home.

Let love and friendship on that day,
Hurrah, hurrah!
Their choicest pleasures then display,
Hurrah, hurrah!
And let each one perform some part,
To fill with joy the warrior's heart,
And we'll all feel gay
When Johnny comes marching home.

挿入歌としての使用例[編集]

日本では、日本映画の『塀の中の懲りない面々』やアメリカ映画の『博士の異常な愛情』、『ダイ・ハード3』、『7月4日に生まれて』などにも使われていることで有名。他には『風と共に去りぬ』、『第十七捕虜収容所』、『西部開拓史』、『スモール・ソルジャーズ』などのアメリカ映画で使用されているほか、日本の漫画のアニメ化作品である『BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail』 のED曲としても使用されている。なお、本来は悲壮感漂う音楽であることから暗いシーンで使われることが多いが、『ダイ・ハード3』ではテンポをあげて勇ましい曲調に編集し、ニューヨーク連邦準備銀行の金庫からテロリストが金塊を奪取するシーンで使われている。

関連項目[編集]