フィリップ・シェリダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ヘンリー・シェリダン
Philip Henry Sheridan
Philip Sheridan.jpg
生誕 1831年3月6日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州オールバニ
死没 1888年8月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ノンキット
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1853-1888
最終階級 合衆国陸軍元帥
テンプレートを表示

フィリップ・ヘンリー・シェリダンPhilip Henry Sheridan, 1831年3月6日 - 1888年8月5日)は、アメリカの軍人。その経歴は少将への迅速な昇進と、ユリシーズ・S・グラント中将との緊密な関係で有名であった。南北戦争に北軍の将軍として従軍し、1864年にはシェナンドー渓谷の戦いで大きな功績を挙げた。1865年にはその部隊がロバート・E・リー将軍を追撃し、アポマトックスでの降伏に貢献した。

シェリダンはまた、軍在籍時および退役後にイエローストーン国立公園の開発、保護に寄与した。アメリカ陸軍M551 シェリダン空挺戦車はシェリダンにちなんで命名された。

生い立ち[編集]

シェリダンはニューヨーク州オールバニーでジョン・シェリダン及びメアリー・ミーナ・シェリダン夫妻の六人の子供の三番目として生まれた。両親はアイルランドキャバン州からの移民であった。シェリダンはオハイオ州サマセットで成長したが、その身長は1.65 mしかなかったため、「リトル・フィル」の愛称で呼ばれた。エイブラハム・リンカーンはシェリダンについて、

「褐色のがっしりした小男、胴長短足で絞首台に吊るには不十分な短い首、足首がかゆければ屈むことなく掻くことができる長い腕。」
A brown, chunky little chap, with a long body, short legs, not enough neck to hang him, and such long arms that if his ankles itch he can scratch them without stooping.

とのように描写している。

シェリダンは町の雑貨店の小間使いとして働き始め、最後には織物店の店員および記帳係として働いた。1848年に店の顧客であった下院議員のトーマス・リッチェイの推薦を得てアメリカ陸軍士官学校への入学を果たす。ウェストポイントに入学して三年目に、シェリダンはクラスメートのウィリアム・R・テリルと喧嘩し一年間の停学処分を受ける。前日テリルに広場において多数の面前で侮辱されたシェリダンは銃剣で彼を突き刺そうと脅かしたのであった。シェリダンは1853年に52人中席次34番で卒業した。

シェリダンはテキサス州フォート・ダンカンの第一歩兵連隊少尉として任官し、続いてカリフォルニア州フォート・レディングの第四歩兵連隊に転属した。第四歩兵連隊での任務のほとんどは北西部太平洋岸においてであった。それは1855年ウィラメット渓谷の測量から始まり、ヤキマ戦争ロング・リヴァー戦争を経験したシェリダンは戦闘能力やインディアン種族との交渉能力を獲得した。1857年3月28日にはオレゴン準州のミドル・カスケードで鼻に弾丸を受け負傷している。シェリダンはこの任務期間中にクリクタット族の酋長の娘、シドナヨー(シェリダンの白人の友人はフランシスと呼んだ)と一緒に暮らした。シェリダンは南北戦争直前の1861年3月に中尉に昇進、フォート・サムター着任直後の5月に大尉に昇進した。

南北戦争[編集]

インディアン戦争[編集]

南北戦争以後腐っていたジョージ・アームストロング・カスター第7騎兵隊7th Cavalry Regiment)の隊長に任命し、西部方面でのインディアン討伐に当たらせた。

南西部における「アパッチ戦争」では、ジェロニモらのアパッチ族に、徹底殲滅の姿勢をとった。 伝統的な戦術を好み、部下のジョージ・クルックが採用したインディアン斥候を嫌い、このことでアパッチ討伐が遅れていると、公然と彼を非難した。クルックはこのことで解任転属を願い出た。 後任にネルソン・マイルズを派遣したが、この際「捕虜にするか、さもなくば殺せ」と厳命し、ジェロニモたちを追いつめていった。

コマンチ族の一部バンドが降伏した際に酋長から「よいインディアンもいる」と言われて「よいインディアンとは、死んだインディアンの事だ」と返した。以来、この人種差別的言辞はアングロ・サクソン人によって度々使われるようになる。ただし、この発言はジェームズ・M・キャバノー下院議員が最初のものという説もある(en:James M. Cavanaugh)。

外部リンク[編集]

先代:
ウィリアム・シャーマン
アメリカ陸軍総司令官
1883 - 1888
次代:
ジョン・マカリスター・スコフィールド