バージニア軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バージニア軍(Army of Virginia)
創設 1862年6月26日-1862年9月12日
国籍 アメリカ合衆国
忠誠 北軍
兵科
主な戦歴 シーダー山の戦い; 第二次ブルランの戦い
指揮
著名な司令官 ジョン・ポープ少将

バージニア軍(Army of Virginia)は南北戦争中の1862年夏に、3ヶ月弱存在した北軍の「」。

歴史[編集]

バージニア軍は1862年6月26日に、一般命令103号に基づき、バージニア州付近で活動していた4つの軍管区(Department)をまとめて編成された。即ち、ジョン・C・フレモント少将の山岳軍管区(Mountain Department)、アービン・マクドウェル少将のラッパハノック軍管区(Department of the Rappahannock)、ナサニエル・バンクス少将のシェナンドー軍管区(Department of the Shenandoah)及びワシントン軍管区(Military District of Washington)のサミュエル・スタージス(Samuel D. Sturgis)准将の旅団である。ジョン・ポープ少将が、5万人を超える将兵を有する新しく組織されたバージニア軍の司令官となった。また、北バージニア方面作戦中には、ジョージ・マクレラン少将のポトマック軍から3個軍団が派遣され、ポープの指揮下にあった。

バンクスの指揮するバージニア軍第2軍団は、シーダー山の戦いで、ストーンウォール・ジャクソン少将と戦い、当初は有利に進んでいたもの、南軍のA・P・ヒル少将の反撃を受けて敗退した。

バージニア軍全体が参加した第二次ブルランの戦いでは、ロバート・リー大将の北バージニア軍(右翼:ジェイムズ・ロングストリート少将、左翼:ジャクソン少将)に大敗し、防衛戦をワシントンD.C.にまで後退させる結果となった。1862年9月12日、バージニア軍はポトマック軍に吸収された。

司令官[編集]

組織[編集]

当初3個軍団が組織されたが、番号がポトマック軍と重複する。後のメリーランド方面作戦でポトマック軍に所属した際に、軍団番号が変更されている。

  • バージニア軍第1軍団:フランツ・シーゲル少将(元はフレモントの山岳軍管区。後にポトマック軍に吸収された際に第11軍団に名称変更)
  • バージニア軍第2軍団:ナサニエル・バンクス少将(元はポトマック軍第5軍団でシェナンドー軍管区に属していた。後にポトマック軍に吸収された際に第12軍団に名称変更)
  • バージニア軍第3軍団:アービン・マクドウェル少将(元はポトマック軍第1軍団で、その後ラッパハノック軍管区に属していた。後に第1軍団としてポトマック軍に復帰)
  • 騎兵旅団:ジョージ・ベイヤード(George Dashiell Bayard)准将

北バージニア方面作戦では、以下の軍団がポープの指揮下に入った。

主な戦闘[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]