カール・サンドバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・サンドバーグ
カール・サンドバーグ
誕生 1878年1月6日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州 ゲイルスバーグ
死没 1967年7月22日(満89歳没)
職業 詩人作家編集者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な受賞歴 ピューリッツァー賞 詩部門
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

カール・サンドバーグ(Carl Sandburg, 1878年1月6日 - 1967年7月22日)はアメリカ詩人で、作家編集者スウェーデン系アメリカ人。元々の苗字はダニエルソン。父親がサンドバーグに変更した。 アブラハム・リンカーンの伝記の執筆で知られる。この本でピューリッツァー賞を受賞している。

バイオグラフィ[編集]

スウェーデンからの移民の子供として、イリノイ州ゲイルスバーグに生まれる。父親は鍛冶屋で、鉄道でも働いた。彼はイリノイ州の中西部で育った。サンドバーグは、13歳の時に学校をやめ、様々な仕事を転々とした。その中では画家として働いたこともある。

彼は志願兵として米西戦争に参加、1898年7月25日のプエルトリコのグアニカ上陸作戦にも参加したが、戦闘には参加していない。彼は、陸軍士官学校の入試で、彼の言葉によれば文法と計算で失敗、その2週間後、郷里ゲイルスバーグのロンバード大学に入学する。しかし、1903年、卒業証書を手にすることなく大学を退学。ミルウォーキーで、社会民主党に入党し、社民党市長エミル・ザイデル(当時は米国で最初の"社会主義の"市長と言われる)の秘書になった。社会民主党の関係で(ポーラと呼ばれる)リリアン·スタイケンの面識を得る。彼女は写真家エドワード・スタイケンの妹で、彼は1929年にエドワード·スタイケンの伝記を執筆している。

カール·サンドバーグとリリアン·スタイケンは、1908年に結婚し、夫婦には3人の娘が生まれた。第一次世界大戦中、彼は戦争特派員(1918年に、 "コーンハスカーズ" の中にその当時のことを書いている)であった。サンドバーグはで1912年から1928年までシカゴとその近郊に住み、"シカゴ·デイリー·ニュース"(1919年から)と"デイブック"の記者として活動した。19041年には、最初の詩集を出版する( "無謀なエクスタシーで"、チャールズ・サンドバーグ名義)。1916年に出版した詩集"シカゴ詩集"で彼は一躍有名になる。その中で彼はシカゴを次のように表現している。

世界のための豚屠殺者、
機具製作者、小麦の積上げ手、
鉄道の賭博師、全国の貨物取扱い人、
がみがみ怒鳴る、ガラガラ声の、喧嘩早い
でっかい肩の都市
(安藤一郎訳、岩波文庫)

サンドバーグの『ロータバガ・ストーリーズ』の表紙
カール・サンドバーグは詩集『シカゴ詩集』の執筆当時、この建物の部屋に3年間に渡り住んでいた。建物はこんにちではシカゴのランドマークとなっている。[1]

詩人としての彼は20世紀初頭の"シカゴ・ルネッサンス"の重要人物の一人であった。彼は頻繁に中西部(1919年の"シカゴ人種暴動"、 1936年の"人々に、はい")の労働者階級の言語を使用し、彼はまた、アメリカのフォークソング( "アメリカ歌集" 1927年、 "ニューアメリカン歌集" 1950年)の収集も行った。彼の詩集でも、彼はピューリッツァー賞を受賞している。彼の子ども向けの物語(もともと自分の娘のためのものであったが)1920年の"ロータバガ・ストーリーズ"と"ロータバガのハト" は、よく知られている。1923年から、その中で彼はヨーロッパの子ども読み物の中に出てくる騎士や妖精の代わりに、アメリカの中西部( "ロータバカ地方")を背景に使っている。 有名な6巻本の"リンカーン伝"もシカゴで執筆が始められた。『リンカーン 大草原の時代』1926年から、『リンカーン 南北戦争』1939年まで、並びに『成長するアブラハム・リンカーン』1928年、そして『リンカーンの妻マリー・リンカーンの伝記』1932年まで。1940年彼はリンカーンに関する仕事で、ピューリッツァー賞(歴史書部門)を受賞している。1959年には、指揮者アーロン・コープランドニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団と演奏した「リンカーンの肖像」というレコードでグラミー賞を受賞している。 彼の唯一の小説『リメンバランス・ロック(Remembrance Rock)』は、1948年に刊行されている。彼は自叙伝風の作品も残している(„Always the young strangers“ 1953,年、„Ever the winds of change“ 1983年)。 彼は、5度、映画やテレビのための脚本も執筆している。最初の脚本は、1941年の記録映画で「爆撃機」というもの。小姑になるエドワード・スタイケンが企画した「人間家族」(The Family of Man)という展覧会のカタログのため、序文を寄せたこともある[2]1928年、彼はミシガン州のハーバートに転居する。ここで彼は1930年代の経済危機に対して、社会主義運動の側で積極的に活躍した。1945年以降、ノースカロライナ州フラットロックの、今日は、国立公園局によって管理されている彼の財産"コネマラ"に住んだ。サンドバーグが、そこでくつろいで執筆に打ち込んでいる間、彼の妻は農業に勤しんだ。

作品[編集]

英語版(en:Carl Sandburg#Selected list of works 21:12, 28 December 2008)より抜粋

Here is an incomplete list of books and anthologies published by Sandburg:

  • In Reckless Ecstasy (1904) (poetry) (originally published as Charles Sandburg)
  • Abe Lincoln Grows Up (N/A)
  • Incidentals (1904) (poetry and prose) (originally published as Charles Sandburg)
  • Plaint of a Rose (1908) (poetry) (originally published as Charles Sandburg)
  • Joseffy (1910) (prose) (originally published as Charles Sandburg)
  • You and Your Job (1910) (prose) (originally published as Charles Sandburg)
  • Chicago Poems (1916) (poetry)(日本語訳は安藤一郎訳で岩波文庫、1957年、ISBN 4-00-323181-3
  • Cornhuskers (1918) (poetry)
  • Chicago Race Riots (1919) (prose) (with an introduction by Walter Lippmann)
  • Clarence Darrow of Chicago (1919) (prose)
  • Smoke and Steel (1920) (poetry)
  • Rootabaga Stories (1920) (children's stories)
  • Slabs of the Sunburnt West (1922) (poetry)
  • Rootabaga Pigeons (1923) (children's stories)
  • Selected Poems (1926) (poetry)
  • Abraham Lincoln: The Prairie Years (1926) (biography、日本語訳は坂下昇訳、新潮社、1972年)
  • The American Songbag (1927) (folk songs)
  • Songs of America (1927) (folk songs) (collected by Sandburg; edited by Alfred V. Frankenstein)
  • Abe Lincoln Grows Up (1928) (biography [primarily for children])
  • Good Morning, America (1928) (poetry)
  • Steichen the Photographer (1929) (history)
  • Early Moon (1930) (poetry)
  • Potato Face (1930) (children's stories)
  • Mary Lincoln: Wife and Widow (1932) (biography)
  • The People, Yes (1936) (poetry)
  • Abraham Lincoln: The War Years (1939) (biography、日本語訳は坂下昇訳、新潮社、1972年)
  • Storm over the Land (1942) (biography) (excerpts from Sandburg's own Abraham Lincoln: The War Years)
  • Road to Victory (1942) (exhibition catalog) (text by Sandburg; images compiled by Edward Steichen and published by the Museum of Modern Art)
  • Home Front Memo (1943) (essays)
  • Remembrance Rock (1948) (novel)
  • Lincoln Collector: the story of the Oliver R. Barrett Lincoln collection (1949) (prose)
  • The New American Songbag (1950) (folk songs)
  • Complete Poems (1950) (poetry)
  • The wedding procession of the rag doll and the broom handle and who was in it (1950) (children's story)
  • Always the Young Strangers (1953) (autobiography)
  • Selected poems of Carl Sandburg (1954) (poetry) (edited by Rebecca West)
  • The Family of Man (1955) (exhibition catalog) (introduction; images compiled by Edward Steichen)
  • Prairie-town boy (1955) (autobiography) (essentially excerpts from Always the Young Strangers)
  • Sandburg Range (1957) (prose and poetry)
  • Harvest Poems, 1910-1960 (1960) (poetry)
  • Wind Song (1960) (poetry)
  • Honey and Salt (1963) (poetry)
  • The Letters of Carl Sandburg (1968) (autobiographical/correspondence) (edited by Herbert Mitgang)
  • Breathing Tokens (poetry by Sandburg, edited by Margaret Sandburg) (1978) (poetry)
  • Ever the Winds of Chance (1983) (autobiography) (started by Sandburg, completed by Margaret Sandburg and George Hendrick)
  • Carl Sandburg at the movies : a poet in the silent era, 1920-1927 (1985) (selections of his reviews of silent movies - collected and edited by Dale Fetherling and Doug Fetherling)
  • Billy Sunday and other poems (1993) (edited with an introduction by George Hendrick and Willene Hendrick)
  • Poems for children nowhere near old enough to vote (1999) (compiled and with an introduction by George and Willene Hendrick)
  • Abraham Lincoln : the prairie years and the war years (2007) (illustrated edition with an introduction by Alan Axelrod)

脚注[編集]

  1. ^ Carl Sandburg House”. City of Chicago Department of Planning and Development, Landmarks Division (2006年10月4日). 2008年10月24日閲覧。
  2. ^ Jerry Mason (Ed.): The Family of Man. Prologue by Carl Sandburg. Museum of Modern Art, New York 1955, (S. 2f.)

外部リンク[編集]

Online selections from Sandburg's poetry