エミル・ザイデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミル・ザイデル

エミル・ザイデル(Emil Seidel、1864年12月13日 - 1947年6月24日)はアメリカ合衆国政治家1910年から1912年までウィスコンシン州ミルウォーキー市長を務めた。合衆国の主要都市では初の社会党員市長で、1912年の大統領選挙では同党の副大統領候補として出馬。

来歴[編集]

前半生[編集]

ペンシルベニア州スクーカル郡アシュランドドイツ移民家庭に生まれる。幼少時にウィスコンシン州へ転居。

22歳の時に木彫り職人としての腕を磨くため、両親の故国であるドイツへ渡る[1]ベルリンで6年間過ごす事になるが、その間働きながら夜間学校に通う[1]社会主義活動家となったのは、この時期の事であった。ミルウォーキーに戻る途中、原型職人組合に加盟[1]1895年ルーシー・グレイセルと結婚[1]

政治家時代[編集]

合衆国帰国時、アメリカ社会労働党に入党し[2]、ミルウォーキーで同党初の支部員となった[1]。その後、アメリカ社会民主主義1897年設立)やアメリカ社会民主党1898年設立)を経て、アメリカ社会党に入党する事となる。

1904年にはミルウォーキー市議会議員選挙で、同市第20選挙区から出馬し初当選。この選挙では9名の社会党候補が当選を果たしており、サイデルはその内の1人であった[1]。市議は1909年まで2期にわたり務める[1]

1912年の大統領選挙ポスター。サイデルはユージン・V・デブスの副大統領候補として出馬

1910年ミルウォーキー市長選挙に当選、合衆国の主要都市では初の社会党員市長となった。市長在任中は初の公共事業局を設立した他、消防警察委員会を組織、公園緑地系統が生み出されるに至った。

バー規制強化や、売春宿及びカジノの閉鎖にも辣腕を奮う事となる。詩人作家カール・サンドバーグを短期間ながら秘書に迎えたのはこの時期の事であり、サンドバーグをミルウォーキーに惹き付けたのは、偏にザイデルの社会主義者としての願望が成せる技であった。

1912年の市長選挙では民主共和両党が追い落としに掛かった事もあり、ガーハード・A・ベイディングに敗北を喫する。その後、同年の大統領選挙でユージン・V・デブスと共に社会党から立候補、901551票という記録的な票数を勝ち取ったが落選(得票率は6%)。1932年上院議員選挙にウィスコンシン州選挙区から出馬し6%の得票率を獲得、こちらも当選には至らなかった。なお、ミルウォーキー市議は通算2期(1916年 - 1920年1932年 - 1936年)務める事となる[3]

1947年6月24日死去。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g "Our Candidates: Emil Seidel," Cleveland Socialist, whole no. 48 (September 21, 1912), pg. 2.
  2. ^ 『我らが候補エミル・ザイデル』によると、1892年には地元でたった2人しかいない社会党員のうちの1人とされる。当時、社会労働党は合衆国唯一の社会主義政党であった。
  3. ^ Wisconsin Historical Society. Dictionary of Wisconsin History "Seidel, Emil 1864 - 1947"

主著[編集]

  • What We Have Done in Milwaukee. Chicago, IL: National Office of the Socialist Party, 1911.
  • Which Must Go? America or Private Ownership of Railroads? Milwaukee: Socialist Party of Wisconsin, 1923.
  • Joining the Socialist Movement. Corvallis, OR: 1000 Flowers Publishing, 2013.
  • Building the Social Democratic Party. Corvallis, OR: 1000 Flowers Publishing, 2013.

参考文献[編集]


公職
先代:
デイヴィッド・ステュアート・ローズ
ミルウォーキー市長
1910–1912
次代:
ガーハード・A・ベイディング