フランク・ザイドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・ザイドラー

フランク・ポール・ザイドラー(Frank Paul Zeidler、1912年9月20日 - 2006年7月7日)はアメリカ合衆国政治家アメリカ社会党所属)。1948年4月20日から1960年4月18日まで3期 12年にわたり、ウィスコンシン州ミルウォーキー市長を務めた。

来歴[編集]

前半生[編集]

ミルウォーキー出身。シカゴ大学及びマーケット大学に学ぶが、何れも体調不良により中退を余儀無くされる。平和労働環境の改善に感銘を受け、アメリカ社会党へ入党したのは1933年であった[1]。後年行われたインタビューの中で、入党の動機について次のように語っている。

(1933年にアメリカ社会党へ入党したのは、)その哲学の中でも幾つかの事柄に共鳴したからです。1つ目は世界中の人々と仲間であるという事、2つ目は平和への闘争、3つ目は経済財の平等な分配、4つ目は協同理念、そして5つ目は目標を達成するため、民主的に案を練るという事でした。これらは極めて良質な理念に他なりません。[2]

共産主義、就中ソビエト連邦とは距離を置いていた[2]が、世界恐慌期にユージン・V・デブスノーマン・トマスが執筆した書物を通じて、社会主義を受け入れる事となる[3]

また、社会主義青年同盟(YPSL)やアメリカ社会党青年部の活動家としても活躍した他、1930年代にはレッド・ファルコンズ(欧米圏における社会主義系の児童組織)ミルウォーキー支部長に就く[4]

選挙[編集]

1938年進歩党ミルウォーキー郡検査官に選出(当時社会党と進歩党は、ミルウォーキー市議会において連立与党を組んでいた[5])。1940年カール・ザイドラーがミルウォーキー市長に就任したのに続き、翌年同市教育委員会委員(無所属)となった[2]。1期6年務めた後、1947年教育委員会委員でも再選。

兄カールは市長就任から2年を経た、第二次世界大戦最中の1942年海軍へ入隊。しかし搭乗した軍艦が行方不明となり、命を落とす事となる。その後1948年の市長選に出馬を決意、14名の候補者が犇き合う中、兄の知名度も手伝って初当選を果たす[6]

なお、この選挙で大勢の候補者が乱立したのは、現職のジョン・ボン市長が出馬を断念したためであった。候補者の中には、後に1954年の連邦議会選挙で初当選した弁護士ヘンリー・S・ロイス民主党所属)がいる。

1952年及び1956年にも再選を果たすものの、1960年健康上の理由から引退を表明。ザイドラー自身、社会党員としてはエミル・ザイデル1910年 - 1912年)、ダニエル・ホーン1916年 - 1940年)に続き、3人目のミルウォーキー市長であり、同市は3名の社会党員市長を輩出した、全米最大の都市にまで上り詰める(下水管社会主義参照)。

ミルウォーキー市長時代[編集]

市長在任中のミルウォーキーは産業(就中ビールを筆頭とする醸造業)が発展を遂げており、健全財政が成った事でも知られる。サッポロビールが「ミュンヘン サッポロ ミルウォーキー」のキャッチコピーを打ったのは、任期末期の1958年であった[7]

また、この時代はレイク町の大部分やグランヴィル町の殆どを合併した事もあり、市域が倍近くにまで拡大。これに伴い、高速道路網整備の先陣を切る事となる。高速道路網の運営は1954年にミルウォーキー郡へ移管されるが、ザイドラーは市の計画が頓挫した事により、競争力が削がれたと主張[8]

1960年代から1990年頃にかけて、全米の都市部でインナーシティ化が進行する中でも、人口が微減に留まったのは特筆に値するが、合併に際しては、関係自治体の住民や当局者の抵抗が根強かった。ザイドラーはこうした抵抗に対し、1958年に「関係自治体と協議はするが、我々はこれらに存在理由があるとは思えない」と述べている[6]

一方1950年代を通じてアフリカ系アメリカ人の人口が3倍に増え、人種関係のトラブルに直面。ザイドラー自身公民権運動に深く関わっていた事から、政敵は彼が黒人に北上を促す看板を、南部に設置したとの悪質なデマを垂れ流す。労働者はザイドラー支持を躊躇い、ある製造業者に至っては、ザイドラーに投票した従業員に解雇をちらつかせたという。1960年に出馬を断念したのも、こうした人種問題も理由として挙げられた[6]

市長退任後[編集]

アルヴァーノ大学調停員や開発部長に就いた他、ジョン・W・レイノルズ・ジュニアウィスコンシン州知事の下で行政に携わった。公共事業委員会の座長として、後任のヘンリー・メアー市長を手厳しく非難[9]、メアーの落選運動を数多く手掛ける事となる。

1973年アメリカ合衆国社会党の結成に参画、長年にわたり議長を務めた。1976年には大統領選挙の党公認候補となり、副大統領候補のJ・クイン・ブリスベン共々6038票を獲得。

2004年7月26日にミルウォーキーで開催されたアメリカ緑の党全国会議に姿を現し、会議の代議員を歓迎するコメントを述べた[10]

2006年7月7日死去。

エピソード[編集]

  • 故地ミルウォーキー市はザイドラーを記念して、社会正義や優れた業績を残した市民に対し、フランク・P・ザイドラー賞を創設[17]

脚注[編集]

  1. ^ “Frank Zeidler – The Last American Socialist”. Wisconsin History . (2006年7月9日). http://www.wisconsinhistory.org/highlights/archives/2006/07/the_last_americ.asp 2010年2月3日閲覧。 
  2. ^ a b c Borsuk, Alan J. (2006年7月8日). “Mayor served 'the public welfare'”. Milwaukee Journal Sentinel. オリジナル2006年7月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060711031644/http://www.jsonline.com/story/index.aspx?id=459264 2010年2月3日閲覧。 
  3. ^ “On this day: September 20”. Wisconsin History. http://www.wisconsinhistory.org/thisday/index.asp?day=20&month=9 2010年2月3日閲覧。 
  4. ^ Tatlock, Julie. “Red Falcons: Children and the Socialist Party in Milwaukee”. Marquette University. http://www.mu.edu/cgi-bin/cuap/db.cgi?uid=default&ID=4970&view=Search&mh=1 2010年2月3日閲覧。 
  5. ^ [Associated Press. "New Farmer-Labor-Progressive Bloc Facing First Test as Milwaukee's Registrations Set Primary Record" St. Petersburg Evening Independent Mar. 17, 1936; p. 12-A]
  6. ^ a b c Frank Zeidler’s Milwaukee, by John McCarthy, Next American City, Winter 2007
  7. ^ サッポロビールの広告宣伝サッポロビール株式会社ウェブサイト
  8. ^ Casey, James J., Jr., Mayor Frank P. Zeidler: Transportation Development in Post-War Milwaukee. American Public Works Association, 2006
  9. ^ メアー元市長の側近に対する聞き取り調査マーケット大学アーカイブ
  10. ^ Video of Zeidler's welcome
  11. ^ Stephenson, Crocker. "Years-old memoir of city's Zeidler years now published". Milwaukee Journal Sentinel May 30, 2005: p. 2B
  12. ^ The Papers of Frank Zeidler at the University of Wisconsin–Milwaukee Golda Meir Library
  13. ^ "A Few of UWM's Noted Alumni"
  14. ^ The UW-Milwaukee Frank P. Zeidler International Graduate Student Travel Award
  15. ^ "Past Mayors and Governors"
  16. ^ Jeanne Zeidler retired as Mayor
  17. ^ フランク・P・ザイドラー賞ミルウォーキー市庁ウェブサイト

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・ボン
ミルウォーキー市長
1948–1960
次代:
ヘンリー・メアー