テキサス共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス共和国
Republic of Texas
メキシコ 1836年 - 1845年 アメリカ合衆国
テキサスの国旗 テキサスの国章
(国旗) (国章)
テキサスの位置
共和国の版図
黄:実効支配地域
縞:領土権係争地域。
公用語 英語(事実上)。その他スペイン語フランス語、インディアン諸語などが話されていた
首都 オースティン
大統領
1836年 - 1838年 サム・ヒューストン
面積
1840年 1,007,935km²
人口
1840年 70,000人
変遷
建国 1836年3月2日
アメリカ合衆国への併合 1845年12月29日
通貨 テキサス共和国ドル
Political divisions of Mexico 1836-1845 (location map scheme).svg
テキサス共和国国旗 (1836 - 1839)
テキサス共和国国旗 (1839 - 1845)

テキサス共和国(テキサスきょうわこく、Republic of Texas)は、メキシコ合衆国コアウイラ・イ・テハス州のうち現在の米国テキサス州およびその周囲の地域がテハス州として分離、その後独立して短期間(1836年 - 1845年)存在した共和国米国への併合により消滅した。

1834年までに、テキサスにはスティーブン・オースティンの仲介によって約750世帯の米国人入植者があった。入植者らが起こしたアラモの戦いをはじめとするテキサス独立戦争の末、1836年にテキサス共和国が成立、初代大統領にはテキサス軍を指揮したサミュエル・ヒューストンが選ばれた。1837年にアメリカ合衆国の承認を得て、1837年にはフランス、その後他の欧州各国に承認された[1]

メキシコは、テキサスがその独立の根拠であるとするベラスコ条約英語版自体が不当なものであるとして認めておらず、当然のことながら批准もしていなかった[1]。メキシコ国内の世論は「テキサス奪還」が強く、テキサス共和国の米国との合併も回避したかったが、国内情勢が不安定なメキシコにとってはそのための態勢を取るには至らず、戦費を調達することもままならなかった[2]。一方でイギリスとフランスの両国は、米国との合併をしないという条件のもとでテキサス共和国を承認するようメキシコに勧めた[3]。特にイギリスは、アメリカとのオレゴン地域の領有権の争いに加えて、アメリカの国力増大を阻止したかった[3]。イギリスとしては、テキサス共和国は綿花などの一次産品の供給地として、また自国の商品の供給地として、魅力があった[3]

しかしテキサス併合はテキサス住民の総意であり、また米国が望むことでもあった、1845年に28番目の州として米国に併合され、翌年からの米墨戦争のきっかけとなった[3]

首都[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b 中野2010, p.26
  2. ^ 中野2010, p.27
  3. ^ a b c d 中野2010, p.28

参考文献[編集]

  • 中野達司 『メキシコの悲哀 大国の横暴の翳に』 松籟社、2010年ISBN 978-4-87984-289-3