便宜置籍船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Table 1: 便宜置籍国 と 船籍港
便宜置籍国 船籍港 管理組織
アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ セントジョンズ ADOMS
ベリーズの旗 ベリーズ ベリーズシティ IMMARBE
ボリビアの旗 ボリビア ラパス
バハマの旗 バハマ ナッソー
カンボジアの旗 カンボジア プノンペン ISROC
キプロスの旗 キプロス リマソール DMS
ケイマン諸島の旗 ケイマン諸島 ジョージタウン
コモロの旗 コモロ モロニ
ドミニカ国の旗 ドミニカ国 ロゾー DMRI
グルジアの旗 グルジア
ホンジュラスの旗 ホンジュラス サン・ロレンソ
ジャマイカの旗 ジャマイカ モンテゴ ベイ JSR
キリバスの旗 キリバス タラワ
リベリアの旗 リベリア モンロビア LISCR
マルタの旗 マルタ バレッタ
マーシャル諸島の旗 マーシャル諸島 マジュロ IRI
モンゴル国の旗 モンゴル ウランバードル
パナマの旗 パナマ パナマ SEGUMAR
セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス バセテール SKANR
セントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン
シエラレオネの旗 シエラレオネ フリータウン
タンザニアの旗 タンザニア ザンジバル TZIRS
ツバルの旗 ツバル フナフティ
トンガの旗 トンガ
トーゴの旗 トーゴ
バヌアツの旗 バヌアツ ポートビラ VMSL

便宜置籍船(べんぎちせきせん、: flag of convenience ship)とは、その船の事実上の船主の所在国とは異なる国に籍を置くをいう。

概要[編集]

通常、船主は所有船を国に登録しなければならない(船籍)。しかし船主がその出資により、船を所有するためだけの会社を置籍国に設立する、という手段が用いられる。当然この会社は実態を持たないペーパーカンパニーとなる。他国で船舶を所有や置籍で生ずる税金を低く抑えたり(タックス・ヘイヴン)、乗員の国籍要件等に関する規制を緩やかにすることで、外国船籍を誘致する政策によって、便宜置籍船が多く発生している。リベリアが外国船籍誘致政策を執り、ギリシャ系の船主が節税の為にこれを利用したことに始まる。

便宜置籍国便宜置籍船国としてはリベリアの他に、パナマバハママルタキプロスなどの小国が同様の政策を執り、利用されている。加えてアンティグア・バーブーダカンボジアキリバスグルジアセントビンセント・グレナディーンツバルモンゴルベリーズホンジュラスボリビアシエラレオネなども便宜置籍国である[1]モンゴルボリビアは海岸線を領土に持たない内陸国である。

便宜置籍船国はTOKYO MOUPARIS MOUの独自の検査結果によりブラック・リスト、グレーリスト、ホワイト・リストの三つのカテゴリーに分類できる。便宜置籍船国は非難されることがあるが、ホワイト・リストの船籍国は国際条約を順守していると評価される。ブラック・リストの船籍国は国際条約を順守していないと評価される。分類基準は旗国に登録されている船舶の過去3年間のデータで評価される。ポートステートコントロールはブラック・リストの船籍船を優先的に検査する[2]。この評価システムにより比較的に良いと判断できる旗国はホワイト・リストに留まる努力をしている。

パナマについては、ノリエガ将軍米国と対立した際、パナマ籍船にも何らかの制裁が課されるのでは、との思惑から、船主がその支配船の籍を他の国に移す動きもあった。

問題点[編集]

便宜置籍船は主に外航海運で注目されているが、漁業においても国際漁業協定に加盟していない国に船籍を置くことによって[3]、捕獲規制対象になっている魚種を捕獲している便宜置籍船が存在しており、国際的な問題になっている[4]

また一部の船主がこの制度を悪用して、乗組員の処遇を他の国と比較して極端に低く抑えたりすることが国際的に問題となっている。

加えて管理・監督が甘い便宜置籍船国 (TOKYO MOUPARIS MOUでブラック・リストになっている旗国)に登録された船が[5]、麻薬[6]や兵器の輸送[7]、国際水域において違法漁業[8]などさまざまな問題が起きている。ブラック・リストの便宜置籍船国 (旗国)に登録された船はサブスタンダード船である比率が非常に高い。結果として国際条約を順守していないサブスタンダード船としてポートステートコントロールから出港停止命令を受ける船が多い。

関連書籍[編集]

  • 逸見真「便宜置籍船論」(信山社)
  • 篠原陽一『現代の船員と海運』(船員問題研究会編) (成山堂書店) 1987年1月

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]