東ニューブリテン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東ニューブリテン州の州旗
東ニューブリテン州の位置(赤)

東ニューブリテン州: East New Britain)は、パプアニューギニアの行政区画で、ニューブリテン島の東を占めるである。

州都はココポで、1994年の大噴火で、首都のラバウルが破壊的な被害を受けた際に移動された。東ニューブリテン州の陸地面積は15,816km²で、19あるパプアニューギニアの行政区画では11番目に広い。一方、2000年の国勢調査による推定人口は220,133人で、10番目に多い。1km²あたりの人口密度は、13.9人となっている。

東ニューブリテン州の主要輸出物は、ココアコプラである。観光産業としては、東ニューブリテン州は重要な部分を担っている。

地区[編集]

東ニューブリテン州は、4つの地区に分かれている。

  • ガゼル地区(Gazelle District)
  • ココポ地区(Kokopo District)
  • ポミオ地区(Pomio District)
  • ラバウル地区(Rabaul District)

外部リンク[編集]