ジャチント・ジョルダーノ・アンサローネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

聖ジャチント・ジョルダーノ・アンサローネ(聖ヨルダノ・アンサロネ、イタリア語San Giacinto Giordano Ansalone、シチリア語Sant'Jacintu Giurdanu Ansaluni、1598年11月1日 - 1634年11月17日)は、シチリアドミニコ会宣教師。キリスト教カトリック教会)の聖人で、日本十六聖人の1人。

生涯[編集]

1598年、シチリアサント・ステーファノ・クイスクイーナにて誕生。

17歳のときにアグリジェントの修道院でドミニコ会に入会し、修道名ジョルダーノ(ヨルダノ)を受ける。はじめパレルモ、ついでサラマンカで宣教師となるために学び、トルヒーリョで教父に任ぜられた。徒歩でセビリアに赴き1625年より宣教を始める。

メキシコで1年過ごした後、フィリピンルソンマニラに滞在。現地の中国人植民地で中国語や中国の民心、習俗を学び、中国人の信仰と神の観念をカトリックと比較して論じた書物を著した(現存しない)。

1632年、商人に偽装して日本に渡り、管区長として信者らを支援し励ました。九州で重い病にかかったが、病ではなくイエス・キリストのために死ぬことを聖母マリアに祈った。その後投獄され拷問にかけられた。

長崎・西坂の丘で穴吊りにされ、7日間苦しんだのち、1634年11月17日、36歳で死んだ。

列聖[編集]

1981年 2月18日福者に、1987年10月18日には教皇ヨハネ・パウロ2世により聖人に列された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]