ドミニコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミンゴ・デ・グスマン・ガルセス
ジョヴァンニ・ベリーニによる16世紀の肖像画
証聖者
生誕 1170年
スペイン旧カスティーリャ
死没 1221年8月6日
イタリアボローニャ
崇敬する教派 カトリック教会聖公会ルーテル教会
列聖日 1234年
列聖場所 ローマ
列聖決定者 グレゴリウス9世
記念日 8月8日8月4日(1970年以前)
17世紀の絵画

聖ドミニコ1170年 - 1221年8月6日)は、ドミニコ会の創設者、カトリックの修道士、聖人。本名はドミンゴ・デ・グスマン・ガルセス(Domingo de Guzmán Garcés)。

生涯[編集]

1170年に旧カスティーリャ地方の貧しい農村カレルエーガでフェリックス・デ・グスマンとフアナ・デ・アサ(フアナ・ガルセス)の子として生まれ、ドミンゴ・デ・シロスに因みドミンゴと名付けられた。ザクセンのヨルダン (Jordan von Sachsenが著した伝記によれば、母はドミニコが胎内にいるときに犬の姿で松明を銜えて跳び出し、「地に火を放つように思われる」夢を見たという[1]

6歳から母方の叔父が首席司祭を務める教会で勉強した。フアナとフェリックス[2]の伝記はドミニコ会の発展とともに拡張されていった。ヨルダンの伝記には名がなく、父がグスマン家、母がアサ家の出身でその地の名士であった。14歳から28歳まで(1184年 - 1198年)パレンシアに住み、6年間人文科学哲学を学び、4年間神学を学び、パレンシア大学の前身の教授になった。意欲に燃えてアナトリアへの伝道を教皇に申し出て、カタリ派のはびこるラングドック地方に送られた。そこでカトリックの伝道は異端と同様の熱情と厳格主義が必要と悟り、清貧の生活に入る。

1206年にドミニコ会を結成し、1216年に教皇ホノリウス3世に認可される。1221年に死去。死後の1234年に聖人に列せられた。

脚注[編集]

  1. ^ Jordan von Sachsen, Libellus de principiis 4. この夢は中世にはドミニコ会をDominicans, Domini canes, 「主の犬」とする洒落のように考えられた。
  2. ^ Pedro Ferrando, Legenda Sancti Dominici 4.

外部リンク[編集]