悪行要論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

悪行要論(あくぎょう・ようろん)もしくは蠱業要覧(まじわざ・ようらん)は、17世紀イタリアの修道士フランチェスコ=マリア・グァッツォ(ガッツォ)により記された魔術悪魔などに関する書物。

概要[編集]

1626年ミラノで刊行。悪魔、魔女サバト交霊術、魔術など、いわゆる「悪魔学」を広く解説している。本書の特徴として木版画の図が多く用いられており、これらの図は現在でも、これら悪魔学を解説する本などで頻繁に引用される。

17世紀はヨーロッパ魔女狩りが盛んに行われた時代であり、本書は同時代のアンリ・ボゲジャン・ボダンらの著作とともに魔女狩りのテキストとして広く用いられた。

参考文献[編集]